Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

自由研究に!自然素材水うちわ風の作り方

絵付けにぴったり!和な絵柄の書き方動画

いざ、うちわに絵を描こうと思うと緊張してしまったり、中々思いつかなかったりしてしまいそう…。
そんな方に、筆で描く、ちょっと和風な図柄の書き方の動画をご紹介します!
是非参考にしてみて下さいね!


夏らしい朝顔の描き方です!
写生などで描くのとは、また違った描き方なので、ちょっと驚きますが、本当に朝顔らしくなっていく過程はとても面白いです!


金魚も筆でさらさらと描いただけで、優雅に泳いでいるように描けます。


白の使い方などで、テッセンの花の表裏が表現されていたり、簡単に描いているようで計算されていますね。

こんな模様の付け方も

朝顔を育てているというおうちなら、こんなのも素敵かも!
夏の花の思い出を、そのまま、うちわに閉じ込められますね。


雁皮紙は、薄く弱い紙なので、あまり強く叩けません。こうした方法で、優しく色を移せたら、きっと素敵な思い出の品になりますね!

水うちわ風耐水うちわを長く綺麗に使うための注意点

水うちわや、今回ご紹介した耐水うちわは全て天然素材で出来ている為、使い方で注意したい点が幾つかあります。
出来上がったうちわを、長く綺麗に使うためにはどのような点に気をつければ良いのでしょうか?

【耐水うちわ使用時の注意点】
1、防水のニスは天然のもので、あまり強い防水効果とは言えません。長時間水に浸けないようにしましょう。
2、使用後は水気をふき取り、陰干しします。
3、アルコールでニスが解けるので、アルコールにつけないようにしましょう。
4、雁皮紙は、もともと弱い薄紙なのでニスで強度を出しても弱いものです。破れやすいので丁寧に扱いましょう。

ニスの変色や白濁を避けるためにも、これらの事に注意して長く使いたいですね!

編集後記
涼しげな水うちわ、素敵ですよね。
流石に手作りで、水うちわのようなクオリティは出せませんが、それでも、愛着の湧く一品は作れるのではないでしょうか?
クーラーなどのような劇的な涼しさはありませんが、イメージで涼しさを楽しむというのも、情緒的な日本の夏の伝統として残していけるといいですね!
私も今年は子供たちとうちわを作って、懐かしい日本の夏の心や文化を子供たちと楽しんでみたいと思います。

この記事を書いた人

ガットー
前職は占星術、風水師、現在は男子三人を子育て中の主婦です。
最近は、友人とHandMadeサークルを立ち上げ、ワークショップや、マルシェの開催。占星術、漢方薬膳の講座などもやらせてもらいながら、人との交流を楽しんで毎日過ごしています!
趣味は、かぎ針やタティングなどの編み物。フラダンス、少林寺拳法、読書、料理。新しい事にはとりあえず挑戦してみたい性質です!
挑戦してみたいモノづくりを中心に、楽しい手芸をどんどん紹介していけるよう頑張ります!
投稿記事:12

関連記事