Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

ビーズステッチ♡ロシアンスパイラルにチャレンジ【動画】

この記事について
ビーズステッチの技法で、螺旋を描く美しいデザインの「ロシアンスパイラル」の作り方動画集です。ファイアポリッシュやパール、シードビーズを使ったロシアンスパイラルの魅力に、うっとりしちゃってくださいね♡

「ロシアンスパイラルステッチ」って?

針と糸を使ってビーズを編みこむ「ビーズステッチ」には様々な技法がありますね。
「ロシアンスパイラルステッチ」は、くるくると螺旋を描くように編みこむ技法で、伸縮性があるチューブ状に仕上がるのが特徴です。

ボリューム感があって豪華な「ロシアンスパイラルステッチ」☆
基本の作り方〜様々なビーズを使った作り方動画を集めました。
ビーズの色使いなども参考になって、素敵なものばかりですよ〜♪

ロシアンスパイラルステッチの基本を見ていきましょう☆


こちらの動画で使われているのは「シードビーズ」と「ファイヤポリッシュ」の2種類のビーズです。

①針に糸を通しておきます。
②シードビーズ2粒→ファイアポリッシュ1粒の順に3回通して「輪」の状態にします。
③2段目からはファイアポリッシュ1粒→シードビーズ2粒を通し、一列目のファイアポリッシュの次のシードビーズ1粒を拾います。これをあと2回繰り返します。
④3列目以降も、③を繰り返し編み進めます。好きな長さまでできたら、糸の処理をして完成です。

「スパイラルロープステッチ」と違うのは、「芯になるビーズがない」ということ☆
だから、中が空洞状態のチューブ状に仕上がるのですね♪

ちょこっと応用してビーズを増やしてみましょう♡


最初の一列目のビーズが増えた場合のロシアンスパイラルロープです。
ここでは「シードビーズ」「パール」が使われています。

①針に糸を通しておきます。
②シードビーズ3粒→パール一粒の順に5回通して「輪」の状態にします。
③2段目からはパール1粒→シードビーズ3粒を通し、一列目のパールの次のシードビーズ1粒を拾います。これをあと4回繰り返します。
④3列目以降も、③を繰り返し編み進めます。好きな長さまでできたら、糸の処理をして完成です。

ビーズの数が増えても作る手順は同じなので、細め、太め、自分好みのロシアンスパイラルが楽しむことが出来そうですね☆

この記事を書いた人

biidama
高校生の息子に振り回されながら、猫の小虎に癒される日々を過ごす元幼稚園教諭です。

ハンドメイドは気になったらやってみちゃう派。
マステ、ビーズ収集癖あり。
ビーズは子供の頃から好きでライフワークになっていますが、最近針に糸が通りずらくて老眼っぽいのが悩み(笑)
投稿記事:446

関連記事