Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

使うほどに味が増す☆柿渋で作る和のレトロモダン!

使うほどに味が増す☆柿渋で作る和のレトロモダン!
この記事について
伝統的な染料である柿渋を使った和の小物つくりをご紹介します。木工アクセサリーや一閑張(いっかんばり)、柿渋染め、個性的な柿渋の魅力満載です。

  

柿渋とは

涼しげに過ごしたい夏こそ、ナチュラルでレトロな雰囲気のおしゃれはぴったり!
生成りの麻や綿。皮のサンダル。麦わら素材の帽子。
じりじりと暑い夏には、ナチュラルカラーの物って涼しげですよね。
そんなナチュラルな夏おしゃれに、ちょっとくすんだ赤みのかかったブラウンの柿渋で染めた物は、良いアクセントになって素敵です☆

柿渋と聞いて、ぴんとこない方も多いかと思いますが、柿渋は防水、防腐作用、殺菌作用があるすぐれもの!木に、紙の強化に、布の染めに…と、昔から多くの事に使用されてきたんです。
しっとりとした艶のある仕上がりも、風情のある、渋い和のテイストで素敵です♡

独特の臭いがやや強いため、敬遠されがちでしたが、匂いの気にならない無臭柿渋なら扱いやすいから初心者さんにもぴったり☆
天然の美しさ満載の柿渋ハンドメイドに、挑戦してみましょう!

ターナー 無臭柿渋 500ml
ターナー 無臭柿渋 500ml

posted with amazlet at 17.06.13
ターナー色彩
売り上げランキング: 787

今は臭いの気にならない柿渋も販売されています。無臭で使い心地も抜群です!

柿渋使用時の注意事項と必要な材料・道具

【柿渋使用時の注意】
①目に入らないよう注意する。入った場合には直ちに十分量の水で洗い流すこと。痛みなどがある場合は眼科を受診してください。

②皮膚に直接触れないよう注意する。付着した場合水で洗い流し、かぶれなど症状のある場合は医師の診断を受けること。

③飲み込んだ場合には直ちに十分量の水でうがいし、更に水を飲むこと。漢方薬として飲用する例もありますが、一般の塗装用は飲用に使用しないでください。

④汚れてもいい服装で作業する。

⑤空気に触れて酸化して固まるので、使用後は出来るだけ容器の中の空気を抜いて栓をしっかり締めて保管下さい。ゲル化したら元に戻りません。

⑥鉄に反応するので鉄を含んだものと触れさせないよう注意する。

⑦冷暗所に保存。

ターナー 無臭柿渋 500ml
ターナー 無臭柿渋 500ml

posted with amazlet at 17.06.13
ターナー色彩
売り上げランキング: 885

まずは柿渋。においのないタイプや、昔ながらの匂いの物など色々あります。

TRUSCO 徳用ニス刷毛木柄10号
トラスコ中山(TRUSCO)
売り上げランキング: 2,599
バスケット 竹製 角型 全長30cm
クラフトワン
売り上げランキング: 183,726

一閑張用にまずはお好みのかごを。
色々な形で作ってみたいですね!
百均の竹かご、プラスチックかごでも大丈夫です。

一閑張の和紙を張り付けるのに使います。

木工細工を作るならまずは彫刻刀。あとは、錐や小刀などもあるといいですね。
凝ったものを作り出すと、他の便利な工具も欲しくなっちゃいます…!

古風な味わい【一閑張】

まずは、かなり実用的かつ風情のある一閑張をご紹介します。
農家の方が冬の暇な時期に作ったから、こんな名前になったとも言われている一閑張。かなり丈夫なのでかご型のバックや、盛り籠などにぴったりです。

【作り方】
1、竹かごなどに、和紙をちぎってのりで貼り付ける。なるべく小さ目に手でちぎり、空気が入らないように貼るのがポイントです。
2、貼り終えたら乾燥させる。ここで、墨で絵や字を書くのもあり!
3、理想の色になるまで、柿渋を塗る。乾かしてから重ね塗りをすることをくり返し行います。時間がたつと発色するので、じっくりと作業しましょう。日光にあてると早く発色します。
4、好みの色になって完全に乾かしたら完成。

時間はかかりますが、じっくり作業して出来上がった一閑張は愛着もひとしお。またとっても丈夫になるから実用的で嬉しいですね!
しっかり作って、大事に長く使いたいです♡

浅めのざるに、和の雰囲気満載の書が書かれた和紙を張って作られています。
ここまでの濃い色にするためには、何度も何度も塗り重ねる必要があるので、丁寧に作られていることがわかりますね。

#一閑張り #Free #Renovation

百申さん(@3511.momo)がシェアした投稿 –


3511.momoさんの作品は一閑張のバッグです。
粋な和柄が、個性的でとってもかっこいい
色合わせも素敵です!
着物はもちろん、ざっくりしたシャツとダメージシーンズのようなマニッシュスタイルにも似合いそう。


matton67さんの一閑張は、深めのかごです。
深いかごって、色々使えて便利ですよね!
飾り用にも、実用にも、ほんとぴったり☆
あたたかみのある柿渋の色合いが、ほっとする一品ですね。

この記事を書いたライター

ガットー
前職は占星術、風水師、現在は男子三人を子育て中の主婦です。
最近は、友人とHandMadeサークルを立ち上げ、ワークショップや、マルシェの開催。占星術、漢方薬膳の講座などもやらせてもらいながら、人との交流を楽しんで毎日過ごしています!
趣味は、かぎ針やタティングなどの編み物。フラダンス、少林寺拳法、読書、料理。新しい事にはとりあえず挑戦してみたい性質です!
挑戦してみたいモノづくりを中心に、楽しい手芸をどんどん紹介していけるよう頑張ります!
投稿記事:12