Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

ちっちゃな手織り★ウィービングのネックレス

この記事について
ウィービングの意味は『織り』です。
ちっちゃな手織り物をネックレスにしてみませんか?少ししか残っていない糸や毛糸、リボンなども活用できますよ!
お子さんも一緒に作ることが出来ますよ♡


  

ウィービングとは?

ウィービングは訳すと『織り』という意味なんです。
InstagramやPinterestなどで検索してみるとウィービングで作られた壁掛けがたくさん見られます。
大きいものを作る…となると難しそう、大変そうと思って尻込みしがちですが、
ネックレスなら小さいので、挑戦してみませんか?
厚紙と糸さえあれば簡単に出来ちゃうんです!
出典:https://youtu.be
ウィービングの壁掛けについてはこちらもご覧になって下さいね♡

 

作ってみようちっちゃな織物


用意するものは…
厚紙

革ひも
厚紙に切り込みを入れ、そこに糸を引っかけていくと縦糸になります。
縦糸の上下に糸をくぐらせていくことで織物が出来ていきます。


こちらのウィービングネックレスは、織っていく途中に貝殻や流木を挟み込んでいきます。
上下がしっかり織られていたら、結構外れないので、サンゴをいれてみたり、
チャームを入れてみてもいいですね♡

実際に作ってみました♪


材料は
コットン・麻混の毛糸
刺繍糸
丸大・丸小ビーズ
ウッドビーズ
ワイヤー

道具は、
クリップボード
綴じ針、針
セロハンテープ

これだけでいいんです!

クリップボードに縦糸をぐるぐる巻きつけて、糸端をセロハンテープで固定します。
(クリップ部分に挟んで固定してもOKです。)
横糸を編んでいきます。途中ビーズを織り込みます。

刺繍糸は6本取りだとごわごわした感じに
3本取りだと細かく、繊細な感じに仕上がります。


好きな大きさまで編んだら、縦糸を切り、綴じ針を使って縦糸を横糸に通し処理します。
その際、ネックレスのチェーンなどを取り付けられるように針金を挟み込んでおきます。
挟み込んでおいた針金をめがね留めの方法で丸めて、お好きなチェーンを通して出来上がりです。

この記事を書いたライター

mamaruchan
子どもの時から何か作るのが好きなコテコテの大阪の女。
手作りの魅力は、アドレナリン放出感と完成した時の自己満足感!だと思っています。

かわいい作品に出会ってしまったら、記事作成途中でも自分でも作らないてられへん!ちょっと困った性格です。。。
何か作ってみようかな…?のちょっとしたきっかけになればいいなと思いながら記事を書いています!
投稿記事:48