Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

麻紐バッグの基本の編み方&+αのアレンジ集

この記事について
ショルダーアレンジ、スクエアトートなど基本の編み方にプラスワンして、自分だけのオリジナルバッグを作ろう!持ち手にこだわってみたり刺繍をしたり、人気のズパゲッティやTシャツヤーンと麻紐の組み合わせもとっても素敵♡

  

麻紐バッグが編みたいっ♡

夏素材のバッグといって真っ先に思い浮かぶのがやっぱり麻紐
ちょっぴり毛羽が舞っちゃったり、編んでいるときに指が痛くなっちゃったりと特徴はありますが、完成した麻紐バッグは夏にぴったりのお洒落アイテムです♪
今回は基本の編み方にひとひねり、プラスワンのアレンジでもっと麻紐バッグを楽しむためのアイデアをご紹介します☆

#編み物 #編み物バッグ #麻紐バッグ #編み物好き

Yuko Hachiyaさん(@hamie.s0815)がシェアした投稿 –


「大きさや色はいつも自分のイメージで、好みのバッグを編んでいます♡」
と仰るhamie.s0815さんの麻紐バッグは爽やかなボーダー柄!
麻紐の生成りとホワイトがとっても上品です♡
「写真には写っていないのですが、内ポケットをつけていること、なるべく編み目を揃えて仕上げるようにしています♪」
麻紐は編地の美しさが際立つ素材。
一目一目丁寧に、しっかり編み上げていくことが綺麗な仕上がりの秘訣ですね♪
麻紐バッグの基本的な編み方を紹介している記事も是非ご覧ください☆

人気のズパゲッティと組み合わせて!


麻紐×ズパゲッティ+トロピカルフラワー=夏満喫♡
旬なアイテムだけを組み合わせた夏全開のバッグはatsukoenoさん
「夏に黒のバッグ、重たい印象にならないよう麻紐を使ってみました☆」
確かに夏の黒って意外と難しいカラーだったりしますよね。
麻紐の生成りに合わせることで軽い印象に、更にトロピカルフラワーで夏っぽさを演出されています☆
トレンド全開、是非お手本にしたいですね♪
ズパゲッティ・Tシャツヤーンで編むバッグの編み方は下記リンク先の記事で特集しています☆
麻紐にズパ系を合わせるときは、糸の太さを合わせるために麻紐を2本取りにするのがオススメ。
是非こちらもあわせてご覧ください♪

刺繍でメッセージ♡


シンプルデザインのバッグにはこんな遊びゴコロたっぷりの刺繍はいかがでしょうか♡
「底は楕円底で編み始め、深めにしたことで500mlのペットボトルを立てていれられて、長財布も入ります♪刺繍は綴じ針でチクチク刺しました☆」
kashi1730さん
ちなみに刺繍の内容は・・・?
「市販品ではボンジュールが多いので、ボンソワール(こんばんは)にしました!笑」
と茶目っ気たっぷり♡
ちなみにこちらのバッグのように少し大きめサイズで編む際はやっぱり内布を付けるのがおすすめです。

kashi1730さんは使い勝手の良いポケット付きに♪
内ポケットがあるだけでバッグの中身を整理しやすくなりますね。
ひと手間ではありますが、せっかく編んだお気に入りのバッグ、もっと使いやすくしてみてはいかがでしょうか?


内布の付け方☆かぎ針で編んだバッグに内布をつけてみました!
手編みバッグに内布を付ける方法はこちらの動画が参考になります☆

この記事を書いたライター

うづし夫
札幌出身、千葉在住。旦那サマと柴犬うに(♀)と2人+1匹暮らし。ライター名は先代犬(柴♂)の名前から🐕
手作りが大好きで某大手手芸店に就職し、毎日どっぷりハンドメイドに浸かっていました。
商品の企画デザイン、販売接客、講師、バイヤーという経験を生かして、モノ作りの楽しさを皆さんとじゃんじゃん共有したいと思ってます!
得意ジャンルはビーズや天然石のアクセ作りとソーイング、編み物、インテリア。
Instagram気軽に話しかけて下さい♥
投稿記事:372