Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

これは素敵!知っていますか?ハーダンガー刺繍

この記事について
皆さんはハーダンガー刺繍をご存知ですか?
緻密で繊細、レースのように優雅なハーダンガー刺繍の魅力と、その技法についてご紹介します!

ハーダンガー刺繍とは?

ハーダンガー刺繍とは、ノルウェー・ハルダンゲル地方で育まれてきた伝統的な刺繍の技法です。
サテンステッチやブランケットステッチを使用し、布の織り糸を切り抜いて透かし模様を作る方法は、
繊細で緻密で、とても美しく、乙女の憧れ全開!なロマンチックさ。
一度は挑戦してみたい!そう思われている方も多いのでは?
まずはどんな技法なのか?
その方法を見てみましょう。


細かい模様が丁寧に刺し進められていく、ハーダンガー刺繍のドイリー。
小さなお花が沢山並べられたような愛らしく、お上品なデザイン♡素敵ですね!

まずは用意して頂くもの

まずは、ハーダンガー刺繍を始めるのに、必要な道具などを見てみましょう。

DMC 手芸ハサミ ハーダンガー用/U1082
ディー・エム・シー
売り上げランキング: 339,987

布の糸目に入る、先の細いはさみは必須です!

針先が丸いタイプの刺繍針がおすすめです。布の目に合わせて、針の太さを選ぶと綺麗に仕上がりますよ!針の号数が大きくなるほど細くなります。

刺しゅう枠 10cm
刺しゅう枠 10cm

posted with amazlet at 17.03.19
ホームクラフト
売り上げランキング: 585

布目がよれないように刺繍枠は必須です!

DMC ハーダンガー 12.7カウント 38×46cm GD2236BX col.6750
ディー・エム・シー
売り上げランキング: 218,790

ハーダンガー刺繍に使用しやすい布です。
縦糸、横糸で織ってある平織の布であれば、他の布でも大丈夫ですが、初めは使いやすい物で練習した方が、やりやすいです。

ハーダンガー刺繍の刺し方

では、早速ですが、刺し方の大まかな説明です!

刺し始める前に布の下準備。

まずは布目に沿ってアイロンをかけ、
周りの糸がほつれないように四辺にマスキングテープを張りましょう。
そして、案内線として色糸で仕付けをします。織り目を4目ずつ拾いながら丁寧にしておけば、後の作業が楽になりますよ!

【作業工程】

1,サテンステッチで、5本でワンブロックの四角いブロックを格子状に刺していきます。

2,ウェービングステッチで、内側の飾り線を刺します。(デザインによってはないこともあります。)

3,ブランケットステッチで、周りの縁かがりをしていきます。こちらもサテンステッチ同様5本ワンブロック。織り糸がよらない力加減が難しい。

4,アイレットステッチは、格子状に出来上がったスペースに刺して、丸く透かし模様が出来るように強く引くのがコツです。(デザインによってはないこともあります。)

5,織り糸をカットして抜くのですが、間違ってカットしないように、とにかく落ち着いて、ゆっくりと。

6,カット後に残る織り糸をウーブンバーというステッチでかがります。デザインによっては、途中に、ループやピコットと呼ばれる飾りが入ります。


まずはサテンステッチで模様をスタート。
繰り返し、規則的に刺していくサテンステッチ。
幾何学的な模様が本当に美しいですね!しかも、縫い目に乱れがない!

白や生成りの同系色でつくられたハーダンガーは、おとぎ話に出てきそうなロマンチックさがあります。
ここからどんどん広がるステッチを想像するだけで、どきどきします!


周りをぐるりと一周させるブランケットステッチは、やはり力加減が難しそうです。
こんなに均等に整って刺せるか、不安になりますが…
やはり、練習あるのみ?


いよいよ糸のカットです!このカットがあるのが、また、ハーダンガー刺繍の魅力ですよね。
優雅で、ロマンチックで、可愛くて…そして、スリリング!
一本一本丁寧に落ち着いてカット。
更に、刺繍を施して…
本当に繊細なレースみたいに美しいです。


ウーブンバーステッチ、4本の織り糸を外から中へ、8の字を描くように指していくステッチです。
これもまた細かい…
刺繍糸の色を変えて刺していくデザインも、雰囲気が変わって可愛いですね。

この記事を書いた人

ガットー
前職は占星術、風水師、現在は男子三人を子育て中の主婦です。
最近は、友人とHandMadeサークルを立ち上げ、ワークショップや、マルシェの開催。占星術、漢方薬膳の講座などもやらせてもらいながら、人との交流を楽しんで毎日過ごしています!
趣味は、かぎ針やタティングなどの編み物。フラダンス、少林寺拳法、読書、料理。新しい事にはとりあえず挑戦してみたい性質です!
挑戦してみたいモノづくりを中心に、楽しい手芸をどんどん紹介していけるよう頑張ります!
投稿記事:12

関連記事