Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

絵や写真が立体的に!シャドーボックスアートの魅力

この記事について
シャドーボックスって知っていますか? 平面であるはずの写真や絵をパーツごとに数枚重ねることで、奥行きを出す立体アートです。何枚かかぶってしまったトレーディングカードの使い道としても有効。とても「奥の深い」世界ですよ♪

  

シャドーボックスとは

「シャドーボックス」は「シャドーアート」とも呼ばれ、同じ絵を数枚用意し、各パーツを切り抜いて貼り重ねることで立体感を出す、ペーパークラフトの1種です。
その起源は意外なほど古く、17世紀のヨーロッパにまでさかのぼります。

作品に光をあてると影(シャドー)ができることから、この名がついたと言われる。起源は17世紀にヨーロッパの貴婦人の間で流行した、木工品や陶器などに絵を貼り付ける手工芸「デコパージュ」。その後伝わった米国でアレンジされ、立体の絵を額縁に入れる現在の姿になったという。

出典:コトバンク「シャドーボックス」http://goo.gl/ej71CH

シャドーボックスの概要(作り方)は以下の動画をご覧ください!


立体感で絵が生き生きとして見えます。すごいクオリティですね~。



絵(平面)が重ねられることで半立体のようになります。細かい花の部分も緻密に重ねられていて、脱帽です。


シャドーボックスの作り方

シャドーボックスを作るのに必要なのは、

・立体にしたいイラスト・写真 3~5枚 (緻密に作りたければもっと枚数を増やします)
・カッターナイフ
・ボンド

最低限これだけでできます。
あとは、

・カッティングマット(カッターを使う時に下に敷く)
・筆ペン(カットした切断面を黒く塗ると見栄えが良くなる)
・ピンセット(細かいパーツを扱うときに)

などがあるとさらに良いでしょう。

どのパーツを前面に出すかを考えて絵を切り出していきます。
重ねる絵と絵の間には、少し隙間をあけて高さを出します。
ボンドをシリコンボンドにして厚みを出す方法や、
ボール紙やプラスチック板を間に挟む(スペーサーといいます)方法があります。

ヘラなどを使ってパーツに少し丸みをつけると、より立体感が出ます。
出典:http://gogonohonda.blog58.fc2.com
人物の立ち位置(手前か奥か)によって層が分けられています。剣や腕などのパーツも別に切り分けて重ねているそうです。
出典:http://gogonohonda.blog58.fc2.com
↑斜めから見るとこんな感じ。絵が何層にも重ねられて厚みが出ているのがわかります。

この作品については以下のリンクボタン先のページで紹介されています。
写真つきでいろいろな角度から見せてくださっていますよ☆

また、以下の動画ではシャドーボックスの詳しい作り方が解説されています。
「初心者向け」として丁寧に説明されているので初めてシャドーボックスに挑戦する人はぜひご覧ください♪

トレーディングカードでシャドーボックス!

「同じ絵を何枚も用意する」「枠がある」ことから、トレーディングカードはシャドーボックスの素材にぴったり。Twitterなどではハイクオリティなシャドーボックス作品がたくさん投稿されています!


左が元のカード、右がシャドーボックスですね。立体感が全然違いますよね。



奥行きによってカードの中にひとつの世界が生まれています。ニスやレジンなどを使って光沢を出すのも素敵ですよね。



6枚を使用されているとのこと。シャドーボックス化によって遠近感が増し、ポーズがより魅力的に見えますね!

この記事を書いたライター

アニージェーン
子育てのかたわらライターをしています。男の子二人の母。別名義でタロット占い師・小説書きとしても活動中。文章を書くこと・手を動かして物を作ることが好きです。子供と遊べるおもちゃ、和風のもの、レトロゲームなどに惹かれます。100均と手芸屋さんにいくとしばらく帰ってきません。
投稿記事:29