Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

毛糸のセーターをフェルト化しよう!リメイクで可愛くなるよ♡

この記事について
古くなってしまったセーターを『フェルト化』してみませんか?高温のお湯でお洗濯して乾かすと、セーターそのものがフェルト状になるんです。フェルト化したセーターは、ハサミでジョキジョキ切ってもほつれてこないので、その後のリメイクもラクラク♪フェルト化の方法と注意点、リメイクのアイデアをご紹介します♪

  

フェルト化に適したセーターを選ぼう

フェルト化とは「ウール繊維同士を絡ませること」です。
なので、うまくフェルト化させるためには「動物性の繊維が95%以上」のセーターを用意するのがベストです。
ウール(ラム)、アルパカ、モヘア、アンゴラ、カシミアなど。
ちなみにウール100%のものでも、防縮加工されているものやかなり薄手のニットはフェルト化しないので注意!
また、アクリルの混じっているものはうまくフェルト化しなかった、という方もちらほらいらっしゃったので、可能であればウール100%のものが安心です。
フェルト化させる前に、セーターの素材はしっかりチェックしましょう☆
出典:https://www.opi-net.com
下記リンク先では、フェルト化に挑戦した様子をイラストレーターの方が可愛いイラストで記事にされています。
参考になるので是非ご覧になってみください♪

 

セーターをフェルト化する方法

フェルト化の手順自体は難しくありません。
お湯でフェルト化したいセーターをガシガシ洗って乾かすだけです。
フェルト化したセーターは、編み目がなくなりハサミで切ってもほつれてきません。
お気に入りのセーターがそのままフェルト状になるので、小物や雑貨にリメイクしやすくなるんです♪
さっそくフェルト化の方法を見てみましょう!
出典:https://www.opi-net.com
【洗濯機を使用する場合】
熱めのお湯で、一般的な洗剤を使いお洗濯します。
2回~5回ほど洗うと縮み、フェルト化するので好みの状態になったら脱水し乾かします。
【手洗いの場合】
バケツやタライなどに60度くらいのお湯をはり、洗剤を使ってガシガシと洗います。
お湯は熱いので、綿手袋(軍手でも)の上にゴム手袋をしておこないます。
100均などで販売している洗濯板とブラシを使うと効率アップ!
洗う時間はセーターの質や編み方、糸の太さなどで変わるのでその様子を見ながら洗ってくださいね。
全体に縮んだ感じになったらお湯で2~3回すすぎ、最後に冷水ですすいで脱水、乾燥させたら出来上がりです。
どちらの方法でも乾燥機を使ってOK。
中には完全にフェルト化させず、半フェルト化の状態が好みという方もいますので、ご自身の好みの縮み具合にしましょう!
リンク先では手洗いでのフェルト化をわかりやすく説明されているので参考にしてみてくださいね♪

 

フェルト化したセーターをバッグにリメイク!

アーガイル柄のセーターをフェルト化させてバッグにされています。
なんとなんと、フェルト化させる前に毛糸で細編みの底と持ち手を編んでバッグにリメイク!
その後フェルト化させるという上級テクニックです。
リンク先のブログではリメイクの工程を画像付きで紹介されているので、是非ご覧になってみてください♪
出典:http://arky.hamazo.tv

フェルト化したセーター同士を組み合わせてリメイクバッグを作られている方も!
フェルト化しておけば、使いたいときにサッと使えて便利ですね♪
直裁ち、ぶつ縫いできるので、ハンドメイド初心者さんでも扱いやすいんです☆
出典:http://plaza.rakuten.co.jp

 

この記事を書いたライター

うづし夫
札幌出身、千葉在住。旦那サマと柴犬うに(♀)と2人+1匹暮らし。ライター名は先代犬(柴♂)の名前から🐕
手作りが大好きで某大手手芸店に就職し、毎日どっぷりハンドメイドに浸かっていました。
商品の企画デザイン、販売接客、講師、バイヤーという経験を生かして、モノ作りの楽しさを皆さんとじゃんじゃん共有したいと思ってます!
Instagram気軽に話しかけてください♥
投稿記事:408