Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

パールで作るビジューアクセサリー[メガネ留め]でここまでできる!

この記事について
「メガネ留め」は、ワイヤーを使うアクセサリー作りの基本テクニックです。その「メガネ留め」を貴和製作所[貴和レシピ]動画でレッスン&マスター。材料と道具を用意すれば、ピアスやブレスレット、ロングネックレスなどお好きなアイテムが初心者でも簡単に作れます。淡水パールやコットンパールを使って、大人の雰囲気漂うビジューなアクセサリー作りを始めましょう。

  

パールで素敵なアクセサリーが作れるメガネ留めとは?

「メガネ留め」はアクセサリー作りの基本テクニックの一つ。ビーズや天然石などのパーツをつなぐ輪が眼鏡のように見えることから”メガネ留め”と呼ばれ、アクセサリー作りの職人たちも最初に身に付ける技法です。“基本のき”だから誰でもすぐに覚えられて仕上がりはプロ並み。いろいろな服とコーディネートできるパールを主材に、本格的なビジューアクセサリー作りに挑戦です!
出典:http://handmadetoshokan.com

メガネ留めを覚えるだけでアクセサリーが作れる理由

パーツの中心にまっすぐ穴が開いているのが「縦穴」(写真左側)。穴の位置が上方で横向きに開いているのが、しずく型パーツによくある「横穴」(写真右側)。メガネ留めには、ワイヤーを通す穴の向きで2通りの方法があります。どちらもアクセサリー作りに欠かせませんが、初心者の方は「縦穴」から始めるとよいでしょう。パーツをメガネ留めでつなげる練習をしているうちに、ブレスレットやネックレスが出来上がります。
出典:http://handmadetoshokan.com

貴和製作所レシピ動画でメガネ留めレッスン【縦穴】

手作りファンにおなじみの貴和製作所の[レシピ動画]でメガネ留めのレッスンを始めましょう。必要なモノは、縦穴のパールやビーズなどのパーツ。ワイヤーは、パーツ1つに付き約10cm、穴に通る太さのモノを用意します。練習だけなら手近にあるパーツやワイヤーでかまいませんが、道具は先の丸いペンチ(ヤットコ)、平ヤットコ、ニッパーの3つは最低限必要です。


【貴和レシピ】めがね留めの仕方(ビーズ(縦穴パーツの場合)

この記事を書いたライター

raoumikel
投稿記事:2