Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

余った毛糸が大変身♡フックド・ラグで可愛いモコモコ雑貨を作ろう♪

この記事について
フックド・ラグって聞いたことありますか♡アメリカで古くから伝わる、手芸工芸みたいですね♪その名の通り、ラグマットを作るのがそもそもの始まりだったようなのですが、その技法で作ったアクセサリーや小物が本当に可愛いんです♡ブローチやお人形など♪ほっこりしちゃいます♡

フックド・ラグって?

「アメリカン フックド・ラグ」は古き良き時代のアメリカが生んだ素朴な生活用品の1つで、19世紀に穀物袋を芯地にした、かぎ針で作るリサイクルウールのラグなんだとか♡誰にでも出来る伝統的な芸術でありながら、アメリカの暮らしの文化遺産として美術館にも保存されるほどなんですって♪

詳しくはこちらのサイトで紹介されていますよ♡

もともとはラグ(敷物)が中心でしたが
人形やアクセサリーなどの小物も
フックド・ラグで作っているみたい♡

どんなものがあるの?
どうやって作るの?
気になってしまいます〜♪

余った毛糸を持ち寄ってワイワイ作るのも楽しい♡


フックド・ラグのワークショップ
なんですって♡
これだけいろんな毛糸があると、
それだけでテンションが
上がっちゃいますよね♪

網目状のシートを使って作るのですね♡


こんな風に格子状になっている
シートをベースにして、
毛糸を差し込んでいくのですね♡

どうやって差し込むのかな?


なるほど♡ベースになる芯地に
短く切っておいた毛糸を
マス目に結びつける、
この作業の
繰り返しなのですね♪

この記事を書いた人

biidama
大学生の息子に振り回されながら、猫の小虎に癒される日々を過ごす元幼稚園教諭です。

ハンドメイドは気になったらやってみちゃう派。
マステ、ビーズ収集癖あり。
ビーズは子供の頃から好きでライフワークになっていますが、最近針に糸が通りずらくて老眼っぽいのが悩み(笑)
投稿記事:451

関連記事