Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

編み図なし!日本語の文章で編んでみよう #3(中級)

編み図なし!日本語の文章で編んでみよう #3(中級)
この記事について
文章で編めるようになると、英文パターンへの抵抗が減ったり、編み図がどうも苦手な方や左利きなので解読が難しいという方の編み物の世界がグンと広がります。そこでこのコーナーでは、楽しみながら「文章で編めるようになる」ことを目標に、日本語の文章で編み方を出題します。解答はあえて厳しく編み図無し。ぜひ挑戦してみてください。(編集部)

 

編み図なし!日本語の文章で編んでみよう 出題 #3

それではさっそく出題です。以下の文章で編んでみてください。

【A】赤
鎖6目で作り目をする。
1段め:鎖1目で立ち上がり、【次の目に中長編み3目一度に編み入れ、次の目に引き抜き編み】を3回くり返す。
糸始末をして完成。編み終わりの糸は長めに取っておく。

【B】白
輪で作り目をする。
1段め:鎖1目で立ち上がり、細編み6目を輪に編み入れ、輪を引き絞る。最初の細編みに引き抜き編みをして編み始めと編み終わりをつなげる。
2段め:鎖3目で立ち上がり、1段めの1目めに長編み、中長編みを1目ずつ編み、鎖編みを1目編む。
【前段の1目に細編み2目編み入れる(増目)】を4回編む。
鎖1目編み、中長編み、長編みを1目ずつ1段めの最後の目に編む。
立ち上がりの鎖目の3目めに引き抜き編みをして、糸始末をして完成。編み終わりの糸は長めに取っておく。
同じものをもう一枚編む。

【C】白
輪で作り目をする。
1段め:鎖1目で立ち上がり、細編み7目を輪に編み入れ、輪を引き絞る。最初の細編みに引き抜き編みをして編み始めと編み終わりをつなげる。
以降、各段ごとに鎖1目で立ち上がり、段の終わりは最初の1目めに引き抜き編みをする。
2段め:【前段の1目に細編み2目編み入れる(増目)】を7回くりかえす。(14目になる)
3段め:【細編み1目、増目】を7回くりかえす。(21目)
4段め:【細編み1目、増目、細編み1目】を7回くりかえす。(28目)
増減なく細編みで2段編む。
7段め:【増目、細編み3目】を7回くり返す。(35目)
増減なく細編みで3段編む。
11段め:【細編み3目、増目、細編み3目】を5回くり返す。(40目)
12段め:増減なく細編み。
13段め:【細編み2目一度(減目)、細編み3目】を8回くりかえす。(32目)
14段め:【細編み1目、減目、細編み1目】を8回くり返す。(24目)
15段め:【細編み1目、減目】を8回くり返す。(16目)綿を詰める。
16段め:減目を8回くり返す。(8目)
17段め:減目を4回くり返す。(4目)
糸を切って引き抜いてとじ針に通し、最後の段の頭目をすべて拾って引き絞り、糸始末をして完成。

【組み立て】
1.【C】に目玉を付ける。適当な大きさの黒い山高ボタン(または差し目)を5、6段めの間につける。【C】の立ち上がり目方向の反対側を中心にして間が8目空くようにする。
2.黄色の糸で【C】の6、7段めの間、目玉の間にくるよう4目分をストレートステッチで3回往復する。
3.【A】を【C】に対して垂直にし、【C】の1、2段めを覆い、3、4段めの立ち上がり目方向にのみかぶるように縫いつける。
4.【B】を【C】の9段目以降に縫いつける。立ち上がり目方向(とがっている方)が斜め下後方を向くようにする。【B】の目の頭の外側のみを縫い止める。

 

(出題者:ぽぽぽ本舗
※出題者のぽぽぽ本舗さんはツイッターで話題沸騰中の #闇編み図 考案者。多くの編み物愛好家たちを魅了し「闇の魔王」と崇められている。
詳細はこちらの記事参照→「#闇編み図、はじめました。

参考書について

出題に使っている日本語の文章は、いずれは英文パターンにも挑戦できるように英文パターン解説の権威、西村知子さんの書籍と、主な用語は日本あみぐるみ協会のあみぐるみの技法書を参考にしています。

完成写真は次ページで

さあ、編み終わりましたでしょうか?
次ページで正解写真を公開しますよ。しっかり編んでから解答を見てくださいね。

関連記事