Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

編み物で知的財産権を取ってみた話

発明協会に相談してみた

自分で調べてみて、同じようなものは登録されていないことがわかりました。
だけど、どの権利に当てはまるかも、申請の仕方もよくわかりません。
どこに相談したらいいのだろう?

と、ここでまた検索して見つけたのが発明協会。
「神奈川県発明協会」http://k-hatsumei.jpn.org/
神奈川県とつくことから、各都道府県に発明協会があるのかもしれませんね。
無料で相談できるので、まずはここに行ってみよう!

電話で相談日を予約します。その時の予約状況で変わると思いますが、大体1週間~10日後くらいの予約でした。
それまで時間があったので、「意匠出願の手引き第35版」本を1冊購入。ざっと予習してから、当日挑みました。ここで、意匠権と確定していないのに、先走ってしまいました。

さて、当日。
作品と「意匠出願の手引き第35版」を持参していきました。
作品の特徴を伝えたところ、「この場合は意匠権でいいですね。」ということでした(良かった~)。そして、ここでも職員さんと一緒にJ-PlatPatで本当に同じようなものがないか再確認。
同じようなものがなかったことが確認できたので、書類の書き方と出願方法を教えてもらいました。

書類にはそのモノの図面か写真が必要です。
平面図、底面図、右側面、左側面、正面図、背面図の6面を添付します。
例えば、このくまさんを申請する場合、このような写真が必要になります。
図面が用意できる人は、図面でもOKです。

申請対象がこのくまさんとすると、以下のような写真(または図面)が必要になります。

この時、注意しなければいけないのが

・各写真、モノの大きさを揃える
・バックは白色、余計なものを入れない(影なども削除) ということです。

※大きさとどの面かの例えなので、背景の修正はしていません。 自分で作成した書類が合っているか不安だったので、添削してもらうためにもう一度発明協会に相談し、確認してもらいました。2回目は空いていたようで、当日の予約でした。

出願~取得まで

書類ができたところで、いざ出願!

出願方法には郵送とオンラインがありますが、現在はオンラインが主流になっています。オンラインで申請する場合、マイナンバーカードとカードリーダーも必要になります。

まず、インターネット出願ソフト(無償)をこちらから入手し、ダウンロードします。

電子出願ソフトサポートサイト
http://www.pcinfo.jpo.go.jp/site/1_start/step-3.html
操作マニュアルやひな形もダウンロードできるので、それに沿って手続きをします。詳しいことはそちらをご覧くださいね。

また、気になるお値段ですが、意匠登録の出願には16000円かかります。
また、郵送の方は写真や図面を電子化するための手数料が別途かかります。電子化手数料は1件につき、1200円+700円×枚数です。写真6枚の場合1200円+700円×6枚=5400円となるので、ご注意を!

これで出願完了、あとは結果を待つだけです。出願から取得まで約半年かかります。出願する前は同じようなものがなくても、その6か月の間に先に取得されてしまう場合もあるので、あとはお祈りするしかありません。

そして約半年たち、審査がおりたとの連絡をいただきました。
登録料は1~3年目は毎年8500円、4~20年目は毎年16900円かかります。登録料を納めて、やっと権利を取得することができました。

登録料は、郵便局で特許印紙(収入印紙ではありません。)を購入して送付します。オンラインで申請した場合は電子納付もできます。

取ってみようと思ったものの、いざ始めるとわからないことばかり。検索したり、無料の相談機関を利用することで、実費だけ(申請料、特許印紙代、登録料)で知的財産権を取得することができました。ちなみに専門家にお願いすると20~30万円程度かかるそうです。

編集後記
法律とか権利とか、難しそうに感じるけど、わからないことは専門家に聞くとやさしく教えてくれるので、実際にやってみると意外とできる!という感じです。また、作品の写真で提出することを発明協会で薦められたのですが、ハンドフルの読者さんならCADで描いてもいいですね(CADの基本的な使い方は「CADで編み図を描いてみよう」を参考に。)知的財産権の詳細や個別のケースについては、専門家にご相談ください。

この記事を書いた人

横山千代子
山とヨガが好きな編み物作家・講師。
母親の影響で子供のころから編み物を始めました。モノづくりが好きで建築関係の仕事に就き、そこで得た経験を活かして編み物作家さんのためのCAD編み図レッスンを開催しています。

大人になってから始めた登山とヨガに編み物との共通点を見出したので、組み合わせて何かできないかと日々奮闘中。
投稿記事:5

関連記事