Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

プランドプーリング応用編第3弾~用途に合わせて毛糸を選ぶ~

棒針編みもできるんです

なんと!プランドプーリングは棒針編みでもできるんです!
決まった編み目の数で編んでいけばいいだけですもの。理論的には可能なはずだよねと思って四苦八苦、いえ試行錯誤してみました。

ハマナカ コロポックル〈マルチカラー〉

でーきーた-!棒針でも編めたよプランドプーリング!

かぎ針の時より模様の見た目は優しい感じ。編み地の幅も広くなります。
ちょっとコツが必要なのでここで特別に伝授しちゃいます。

1目ゴム編み

1.作り目は多めに作りましょう。
かぎ針編みのときより作り目を多く取ります。色の2サイクル分弱ほどあるといいでしょう。

2.表目と裏目を均等に。
表目と裏目では使う糸の長さが微妙に変わってきます。
ひたすら表目だけを編んで済むガーター編みにするか、表目と裏目の数が同じようになるゴム編みにするべきかと思います。

できた編み地はやわらかく伸びのいいものになるので、ウエア編みにぜひ使っていきたい。
筒状に編んでレッグウォーマーとかにならないかな、と思っております。(つまりまだ編みきっていない〉

編集後記
使う毛糸を変えてみたり、編み方を変えてみたり、プランドプーリングの可能性はまだまだ広がっていきそうです。どんどん追求して発展させていきたいですよね!ね!

 

 

 

 

関連記事