Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【工作のグルメ】UVレジンと粘土で彩る孤独のクリスマス

【工作のグルメ】UVレジンと粘土で彩る孤独のクリスマス
この記事について
時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たしたい気持ちを抱えつつ、今日も自分勝手にミニチュアフードを作る。その行為こそが、工作人に与えられた最高の癒やしである。「工作のグルメ」、今回はクリスマスディナーに挑戦。

クリスマスの近づく街で

(BGMは「孤独のグルメ」でお願いします)
つい最近まで暑かったと思っていたがすっかり寒くなり、人々もいつの間にか冬の装い。
冬に入ると、こちらの状況などお構いなしに意識させられるのが、クリスマス。
街のそこかしこでクリスマスへの準備をしているようで、なんとなくそわそわしている気がする。

クリスマスに反感を持っていた若い時代はとうに過ぎ、今では「そういうのもありかな」と自然に受け入れられるようになった。
ひとりならひとりなりに、楽しめばいいのだ。
そう、クリスマスには美味いものがたくさんあるのだから。
そんなことを考えていたら、

腹が減った

腹が、

腹が減った

減った。

腹が減った

クリスマスにはチキンとワインとケーキ

クリスマス料理といえば、チキンは外せないだろう。
チキンと赤ワインで、大人のクリスマスなんてのはどうだ。

食後にはケーキがあると嬉しい。
派手なケーキではなく、上質な、小さなものをひとつ。
ひとりだって充分に楽しめるじゃないか。

チキンとケーキとワイン
ローストチキンとケーキとワイン。完璧だ。

ではさっそく、乾杯!

乾杯
小さい!

……と、小さいな!

ミニチュアフード「ローストチキン」「赤ワイン」「ベリーのムースケーキ」

今回作成するのは「ローストチキン」と「赤ワイン」と「ベリーのムースケーキ」のミニチュアフード。
ミニチュアフード作りは前回の記事に引き続き2回目。
今回もうまくできるだろうか。

まずはお皿づくりから。

お皿成形
熱したプラ板に丸いもの(今回はスプレーボトルを使用)を押し付ければお皿に。

白いプラ板を、エンボスヒーターで熱して成形する。
丸く切り抜いて縁をやすりで整えればお皿のできあがりだ。

ワイングラスは、針金の先端保護キャップを利用して作る。

ワイングラス
針金用の保護キャップ(4mm)を使用。

適当なサイズに切り、3mmのアクリル棒を軸に、透明なプラ板をパンチで丸く抜いたものを台座にして瞬間接着剤で固定。曲がらないように注意深く。

比率から考えると軸が少々太いが、今回はアクリル棒より細い素材が入手できなかった。
UVレジンを接合部分に塗って硬化させたらワイングラスに。
ワインは赤と紫で着色したUVレジン液を入れて硬化させる。

チキンの形
チキンの形はなんとなくで。多少いびつな方がそれらしい。

ローストチキンは樹脂粘土(モデナ)に白と黄色のアクリル絵の具を混ぜて練り、チキンの形にする。
固まったら茶色のアクリル絵の具で焼けた色に塗装。地の色が少し透けるくらいがそれらしい。
UVレジンを塗布して硬化させ、艶を出す。
手に持つ例のあの部分(マンシェットというそうです)は紙で作ってボンドで固定。

レタス
レタスのしわはどうやって再現すればいいのか、今後の課題。

ローストチキンの飾り用のレタスはモデナに黄緑色のアクリル絵の具を混ぜて薄く広げ、縁をギザギザにする。
緑色で着色すればレタスに。

付け合わせのポテトとにんじんのローストを作る。

ポテトとにんじん
これで肉じゃがも作れそう。

ポテトは黄色を少し混ぜた樹脂粘土を半月型に成形。
にんじんはオレンジ色を混ぜたモデナを棒状にし、固まってからカッターで切ると中心が白っぽくなってそれらしくなった。

ポテトとにんじん塗装
ドライブラシの要領で焼き目をつける。

茶色のアクリル絵の具でポテトとにんじんに焼き色をつける。
細かいので、器に入れてドライブラシの要領で絵の具を拭き取った筆でかき混ぜるようにすると全体的に焼き色がつく。

ケーキの土台は石粉粘土をタピオカ用のストローで円柱状に成形したもの。
薄い紫色で塗装し、紫で着色した樹脂粘土で作ったブルーベリーを乗せて接着。
赤く着色したUVレジン液でベリーのソースを作ってまんべんなく塗り、UVライトで硬化させる。

いちご塗装
細かいものは爪楊枝の先に両面テープを巻いて固定して塗装する。

いちごは樹脂粘土で作って赤く塗装。いちごのような細かいものを塗装するときは爪楊枝の先に両面テープを貼って、塗るものを貼り付けるとやりやすい。

塗装したいちごをケーキの上に乗せてUVレジン液で固定させればベリーのムースケーキに。

お皿にローストチキン、レタス、ポテトと人参を配置して接着。
UVレジン液を筆で塗布して硬化させ、固定とツヤ出しをして完成。
ケーキもお皿に接着し、UVレジンを薄く塗布して硬化させて仕上げ。

チキンとケーキとワイン
クリスマスディナー完成! チキンの艶が美味しそう。

ワイングラスの分厚さと軸の太さが少々気になるが、今後の課題としよう。
レタスも少し分厚くて扱いにくいので、もっと薄く作る方法を模索したい。
チキンもケーキも美味しそうにできた。

チキン
ツヤ感が美味しそう!

使った材料は次のページで。

この記事を書いた人

松本ジュンイチロー
1981年生まれ杉並区在住。Webデザイナー。2015年頃より乙幡啓子さん・片桐仁さんの影響を受けて工作を始める。変なものを作ってブログ上で公開したり、各種コンテストに応募したりしている。好きな時代は縄文時代。
投稿記事:11

関連記事