Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【最終回】CADで編み図を描いてみよう~編み目記号を読み込んで編み図を描く~(全4回)

【最終回】CADで編み図を描いてみよう~編み目記号を読み込んで編み図を描く~(全4回)
この記事について
4回にわたってお送りした「CADで編み図を描いてみよう」も、とうとう最終回。編み図の完成まであともう少しですよ。これであなたもあこがれの編み物作家さんになれるかも!(Handful編集部)

いよいよ描いてみる

前回は編み図に必要な編み目記号を作成しました。
初めて操作したCADはいかがでしたか?
難しいと感じるかたもいれば、ゲーム感覚で面白いと感じる方もいると思います。

読者プレゼントの編み目記号をまだダウンロードしていない方はこちらからどうぞ。

読者プレゼントの編み目記号(605KB)

今回はそれらを使って、実際に編み図を描いていきましょう。
今回使用するコマンドは「範囲(範囲選択)、複写、移動、図形(図形読込)」です。

<マウス操作のおさらい>
左クリック:通常、左クリックを使用します。ここでクリックというと、左クリックのことを指します。
右クリック:端点や交点を指示するときや、コマンドを確定する時に使用します。
スクロールボタン:画面の表示を大きくしたり小さくしたりする場合は、スクロールボタンをくりくりすることで表示が変わります。作業中、必要に応じてくりくりしてください。

コースターの編み図を描いてみる

まずは簡単な四角いコースターの編み図を描いてみましょう。
完成図はこちらです。

画像を拡大する

 

1.作り目と1段目

1-1) 左ツールバー【図形(図形読込)】で鎖編みを選択し、任意の位置に配置します。

画像を拡大する

 

1-2) 次に、同じく【図形(図形読込)】で細編みを選択し、鎖編みの上に配置します。

画像を拡大する

 

1-3) 左ツールバーの【複写】をクリックし、1-1、1-2で置いた鎖編みと細編みを選択し、メニューの【選択確定】をクリックします。

画像を拡大する

 

1-4)メニューの【任意方向】をクリックしてX方向(横方向)に変えます。
こうすると横方向にだけマウスが動きます。

画像を拡大する

 

1-5)1-1、1-2で描いた記号の右側でクリックします。
これで記号が複写できます。
まだ配置されていない記号が水色で表示されますが、これは無視します。

画像を拡大する

 

1-6)メニュー下の【連続】をクリックします。
そうすると同じ間隔で複写できます。

画像を拡大する

 

1-7)メニュー下の【連続】を7回クリックし、合計10目分描きます。

画像を拡大する

 

1-8)右端の細編みの横に立ち上がりを描きます。
左ツールバーの【図形(図形読込)】で鎖編みを選択します。

1-9)メニューの【90°毎】をクリックすると、記号が90°回転します。
それを右端の細編みの横に配置します。

画像を拡大する

 

2.2段目

2-1)左ツールバーの【複写】で1段目を選択し、【選択確定】をクリックします。

画像を拡大する

 

2-2)メニューの【任意方向(Y方向となっている場合もあります)】をクリックして、Y方向(縦方向)に変えます。
こうすると縦方向にしかマウスが動かなくなります。

2-3)1段目の上でクリックします。

画像を拡大する

 

2-4)ツールバーの【移動】で、2段目の立ち上がり1目を左側に移動させます。
このとき、方向はX方向に変更しておきましょう。

画像を拡大する

 

3. 3~10段目

3-1)ツールバーの【複写】で、1段目と2段目を選択し、メニュー下の【選択確定】をクリックします。

画像を拡大する

 

3-2)Y方向になっていることを確認し、2段目の上でクリックします。
配置確定していない記号が水色で表示されますが、これも無視です。

画像を拡大する

 

3-3)メニューの【連続】を3回クリックします。

画像を拡大する

 

4. 引き抜き編み

4-1)左ツールバー【図形(図形読込)】で引き抜き編みを選択します。
4-2)最上段の右端に配置します。

画像を拡大する

 

描いた編み図を保存する

1. メニューの「ファイル→名前を付けて保存」をクリックします
2. ファイル選択のダイアログが出てくるので、新規をクリックします
3. 名前にファイル名を入力し、OKをクリックします

これで編み図が保存できました。

この記事を書いた人

横山千代子
山とヨガが好きな編み物作家・講師。
母親の影響で子供のころから編み物を始めました。モノづくりが好きで建築関係の仕事に就き、そこで得た経験を活かして編み物作家さんのためのCAD編み図レッスンを開催しています。

大人になってから始めた登山とヨガに編み物との共通点を見出したので、組み合わせて何かできないかと日々奮闘中。
投稿記事:5

関連記事