Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【工作のグルメ】UVレジンと粘土で作る担々麺と水餃子

【工作のグルメ】UVレジンと粘土で作る担々麺と水餃子
この記事について
時間や社会に囚われず、幸福に空腹を満たしたい気持ちを抱えつつ、今日も自分勝手にミニチュアフードを作る。その行為こそが、工作人に与えられた最高の癒やしである。「工作のグルメ」、今回は「担々麺」と「水餃子」作りにチャレンジ。

汗ばむ陽気の日に食べたいものは

(BGMは「孤独のグルメ」でお願いします)
秋はとっくに始まったというのに、今日は汗ばむ陽気だ。
まったく、季節の変わり目というのは、暑かったり寒かったりと、どうも落ち着かない。
気分もなんとなくぼんやりしてしまう。

そんな時は、何かパンチのあるものを食べて頭をシャキッとさせたいものだ。
例えば、何かピリッと辛いものなんかどうだろう。

そういえば、今はちょうどお昼時。

腹が減った

腹が、

腹が減った

減った。

腹が減った

担々麺と水餃子

パンチのあるものといえばなんだろう。
ピリッと辛い、でも辛すぎず、味に深みもあるもの。
それは私の大好物のひとつ、担々麺をおいて他にないだろう。

担々麺。あの辛味と甘味をあわせ持つどろっとしたスープを麺にからめ、たっぷり乗った肉のそぼろと一緒に食べる最高の一食。
ああ、たまらん。彩りに青菜が添えてあるのもいい。

そうだ、担々麺だけでもいいが、もう一品何かつけよう。
担々麺と合う一品。例えば、水餃子なんかどうだろう。
スープに入っているタイプだと、汁物で担々麺とぶつかるので、水餃子のみで盛ってあるものがいい。
ラー油のようなピリ辛のタレがかけてあるとうれしい。

担々麺と水餃子
担々麺と水餃子!

担々麺と水餃子を目の前にする、この至福のひととき。
さて、いただきます。

担々麺
小さい!

……おや、小さいな!

ミニチュアフード「担々麺」と「水餃子」

今回作成するのは「担々麺」と「水餃子」のミニチュアフード。
ミニチュアフード作りは今回が初めてだが、以前からやってみたかった。
せっかくだから、食べたいものを作ろう。

担々麺はどんぶり状の器に入れる。
器は石粉粘土をUVレジン用の半球型に詰めて乾燥させ、台をつけて紙やすりで形を整えて塗装。黒っぽい器にした。
ニスはつや消しのものを使用して、焼き物の素朴な感じを出す。

UVレジン用の型
器の形はUVレジン用の型に石粉粘土を詰めて。

水餃子用の皿はUVレジン用の平たい円形の型に、同じく石粉粘土を詰めて乾燥させる。一度乾燥させたあと水をつけて柔らかくし、縁を少し持ち上げるようにすると皿の形にできた。紙やすりで整えて白で塗装。ニスはつや有りのものを使用。

麺しぼる
同じくらいの細さにするために、ある程度のスピードで、一定の力と速さを意識して手を動かすのがコツ。

担々麺の麺は、ペースト状の樹脂粘土をビニールの小袋に入れて、接着剤用のノズルを取り付け、くっつき防止に敷いたクッキングシートの上にクリームのように細く絞り出す。

青菜
薄く広げた葉の部分と軸の白い部分は別々に作って合わせ、乾燥させて塗装。

担々麺に乗せる青菜は、樹脂粘土でそれらしい形に作成。白い部分は粘土の色そのままで、葉の緑色の部分だけ塗装した。
ネギはワイヤーに樹脂粘土を巻き付けて乾燥させ、ワイヤーを抜けば筒状のものができる。それをカッターでスライスすればネギに。

コースター
100円ショップで購入したコルクのコースターを使用。

担々麺の肉そぼろはコルクのコースターをむしって細かくし、少し暗めの茶色系のアクリル絵の具で塗装。
水餃子にかけるラー油に入っているスパイスは、同じくコルクのコースターで作るが、こちらは肉そぼろより細かくしたいので、粗めの紙やすりで削った粉を着色して使用した。

麺貼り付け
麺を樹脂粘土でまとめて、器に貼り付ける。

担々麺の器に土台(上げ底)として黄土色に着色した樹脂粘土を詰めて乾燥。平たく伸ばした樹脂粘土の上に麺をまとめて貼り付けたものを器に接着剤で接着する。

着色UVレジン液
赤く着色したラー油と、黄土色系で作ったスープ。

担々麺のスープは2色に着色したUVレジン液を使用。ベースとなるごまのスープは黄土色に少し白を混ぜたアクリル絵の具を混ぜて。ラー油は赤の着色料を混ぜて作成。

担々麺硬化前
スープとラー油をいい感じに麺になじませるように配置して硬化。

担々麺の器に、麺の周りにごまのスープのUVレジン液を流し、青菜を入れ、ネギを散らす。
ラー油のUVレジン液を爪楊枝につけて、置いていくように入れ、場所によって少しベースのごまのスープと混ぜるようにして、UVランプで硬化させる。

着色したコルクの肉そぼろを接着剤で麺の上に固定し、UVレジン液を垂らして浸透させて硬化させる。
仕上げにスープ全体の上に薄く、無着色のUVレジン液を乗せて硬化させたら担々麺は完成。

水餃子並べる
水餃子をお皿の上に並べて固定。

水餃子は白の絵の具を少し混ぜた樹脂粘土で半月形を作り乾燥させる。
お皿に3つ並べて接着。上から無着色のUVレジン液を垂らして爪楊枝でなじませ、着色したコルクの粉を少しふりかけて硬化させる。
その上から赤く着色したラー油のUVレジン液を垂らしてなじませてUVランプで硬化させれば完成。

手のひらサイズ
手のひらに乗るサイズの担々麺と水餃子、完成!

お箸はヘアブラシの歯を切ったもの。
初めて作ったが、なかなか美味しそうに出来た。

担々麺と水餃子
本来は縮尺も正確に作ったほうがいいのだろうが、今回はだいたいのイメージで。

……結局、本物の担々麺と水餃子が食べたくなったな。

使った材料は次のページへ!

この記事を書いた人

松本ジュンイチロー
1981年生まれ杉並区在住。Webデザイナー。2015年頃より乙幡啓子さん・片桐仁さんの影響を受けて工作を始める。変なものを作ってブログ上で公開したり、各種コンテストに応募したりしている。好きな時代は縄文時代。
投稿記事:9

関連記事