Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

100均の「ニット帽メーカー」で本当に簡単にニット帽が作れるの?

100均の「ニット帽メーカー」で本当に簡単にニット帽が作れるの?
この記事について
100均の『ニット帽メーカー』は毛糸を用意するだけで簡単に帽子が編めるアイテム。ただ、実際は簡単に編めるのか、実はちょっと難しいのかも……とか、気になりますよね。そこで、本当にニット帽メーカーと毛糸だけで挑戦してみました!

編み針すらいらない!ニット帽メーカー

本体は組み立てると直径30㎝くらいの輪っかになります

ニット帽メーカーの内容品は、組み立て式の本体とちょっと変わった形の編み棒。
パッケージの台紙裏で、帽子の編み方が解説されています。

今回はこの編み方に従いつつ、「帽子もすぐ編めるほどの超極太!」を謳った極太毛糸でニット帽に挑戦!一応3玉用意しましたが、すぐ編めるならこんなにいらないかも……(淡い期待)。

最初は糸をくるくると本体に巻いていって……さっそく失敗!

毛糸をくるくる巻くのは楽しい!はずが……

まずは本体を組み立て、玉結びした毛糸をスリットにかけて、番号が振られたかけ棒へ時計回りに2周巻いていきます。

同じ要領で2周巻きます。ニット帽メーカーを縦に持った方が楽かも

2周巻いたら、編み棒で1周めの毛糸をすくって外し、かけ棒の内側に置いていきます。
ここで「置いていく?」となったのですが、要は1周めの毛糸を本体の外側から引っ張って2周めの毛糸とかけ棒をくぐらせ、本体の内側で編み棒を外すイメージです。

こうして1周めの毛糸をすくったら、2周めの毛糸とかけ棒をくぐらせます

ところが、どうやら毛糸の巻き方がきつすぎたらしく、かけ棒をくぐらせるのがかなり困難に……とりあえず、毛糸をほどいて巻き直すことにしました。

かけ棒をくぐらせ……られない!

しかし、太い毛糸をゆるく巻くのは超大変!同じ方向にぐるぐる巻くのでめちゃくちゃヨレるし、そのせいで気を抜くとすぐ「ぽよよーん!」と一気に外れてしまうんです。なんとか1周巻いた毛糸が一瞬で「ぽよよーん!」、なかなか泣けます……。

とにかく毛糸がヨレます。そりゃぐるぐる巻くから仕方ないか……

気を取り直してどんどん編んでいこう……と思ったら!

それでもなんとか巻いて→くぐらせるの繰り返しで20段編んだら、最初の目をかけ棒にかけて編地を輪にし、かぶり口を作っていきます。
ここまでくるとだいぶ帽子らしい感じになって、「あと少しだ!」とモチベーションも上がる……はずでした。

20段編んだら、最初の目をかけ棒にひっかけてかぶり口を作っていきます
帽子らしくなってきた!けどなんか小さくない?

この記事を書いた人

丸田カヨコ
鹿児島県出身東京在住、アンテナショップと銭湯と和柄にめっぽう弱い編集ライター。
ハンドメイドとは子どものころからつかず離れずの間柄ながら、
「すぐできる」と「カンタン」に飛びついてばかりでイマイチ上達しない、永遠の手芸初心者です。
ワタシのようなズボラーでも楽しめる記事を目指します!
投稿記事:4

関連記事