Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

魔法の一本針なら「とじ・はぎ」無しで超簡単!輪編みで”くるくる”編む「猫のセーター」

魔法の一本針なら「とじ・はぎ」無しで超簡単!輪編みで”くるくる”編む「猫のセーター」
この記事について
「魔法の一本針」最大の魅力と言っても過言ではない”輪編み”の技法でセーター作りにチャレンジ! しかも猫用。ちゃんと完成するのでしょうか? 最後の「パート2」もお見逃しなく!

編み物を楽しくしてくれる「魔法の一本針」

前回、私の溺愛している編み物アイテム「魔法の一本針」をご紹介をしましたが(記事はこちら)、まだまだお伝えしたい事がありすぎる!

という事で、編み物初心者の私が挑戦するのは「猫のセーター」。

でも手編みのセーターって初心者さんには相当難しいと思いませんか? 前身頃を編んで、後ろ身頃を編んで、右袖、左袖を編んで、それを合体させるために「とじ・はぎ」をしなくてはなりません。この「とじ・はぎ」が大変な作業なのですよね…。

しか〜し! 今回の「猫のセーター」の作り方では「とじ・はぎ」が一切ありません! ほとんど”輪編みだけ”だから超簡単!

編み物初心者でもセーターがサクッと編めちゃうのですよ。
魔法の一本針って凄いのですよ。(←ちょっと興奮気味)

モデルは我が家の「小虎」さんにお願いする事にしました。

注:おっさんではありません。猫です。
相当なワガママボディーの「小虎」さんです。

かわいい小虎さんのために。猫のセーター、頑張ります。

「襟ぐり」から編み始める独特のスタイル

猫の「首回り」を採寸。小虎の場合28cmです。
多少の伸縮のある「2目一度」で。38目編みました。
魔法の一本針には欠かせないアイテム「目玉クリップ」登場。おかげで”くるくる編み”が可能になります。
ここで猫の頭が入るか確認。大丈夫!ちゃんと入りました!

「魔法の一本針」でセーターを編む時「襟ぐりから編む」という独特な方法なのですが、これが実に効率的! だって、頭が入ればセーターって着られますもんね(←すごい偏見)。

小虎の頭も入りましたのでOKです。さあ、次に行ってみよう!

「ヨーク」部分に突入!

ファッション用語では肩と首の周りの事を「ヨーク」と言います。
「襟ぐり」から「ヨーク」へと編み進めていきましょう。
すでに拾い目をしてあるのでこれが「1段目」。2段目は表目編みを一周。次の3段目に進む前の準備をします。

まず、ラグラン線を作りながら「増目」(ここでは「かけ目」で)をするために身頃と袖の分で目を分けます。
今回は身頃→12目、袖→7目スタートです。おおよそ、身頃は袖の目の2倍になるように計算しました。

前身頃、後ろ身頃、右袖、左袖に分けました。マーカーすると便利。
マーカーした前後で「増目」。一周で「8目」増える事になります。

4段目は表編みを一周、5段目は増目の段。以後は一段ごとに増目をしながら編み進めます。

ここで注意するのは「増目をする段と目(前後)を忘れない」という事だけ。あとは表目を輪編みで編んでいけばいいのですから、難しい事はないのですよね。どんどん編み進めるとこうなります。

10段編みました!すでにセーター感、出てますよね!

身頃の直線部分の2倍+まち(これから鎖編みで作る)=身幅、となります。
様子を見ながらヨークを編み進めていきましょう。

身頃と袖、別々にコードを通しましょう

いよいよ!身頃と袖を分けて編み進めていきます。その前に、コードで「身頃」「右袖」「左袖」に分けておく必要があります。今回は身頃→緑色、右袖→青色、左袖→水色のコードにそれぞれ分けました。
*今回は猫セーターなので、「魔法の一本針」のセット付属のコード(75cm)で十分ですが、本来のセーターでは長さが足りませんので、150cm程度のコードを用意しておくと安心です。
身頃を「拾い目」します。袖部分を飛ばして身頃だけをコード(緑色)に通します。

「右袖(青色)」「左袖(水色)」も同様に。
身頃→緑色、右袖→青色、左袖→水色、3本のコードを通し終わりました。

身頃を輪編みでくるくる編む

ここでは「後ろ身頃」から編み始めになります。全て編み終えたら、袖のあき口のゆとりを作るために、鎖編みで「まち」を作りましょう。猫セーターなので、今回は4目にしました。本来セーターは6〜16目くらいが目安。好みや糸の太さなどで加減してくださいね。

袖部分は飛ばして「表身頃」へ、そのまま編み進めます。表身頃が終わったら、上の写真同様に鎖編みで「まち」を作り、次の段に備えます。
(身頃だけ編み始めて)2段目。鎖編みの「まち」も拾いながら編み進めます。以後は輪編みでくるくる、くるくると。
7段目まで編んだところ。

さて。猫さん試着!

フィット感高めでいい感じ。モードな雰囲気の猫のセーターになりそうな予感がしてきました。
では、先に進みましょう!

着丈を編み終わったら「引き抜き止め」

これまた様子を見ながら、着丈を好きな長さまで編み進めます(このアバウトな感じが大好き)。
裾や袖、襟ぐり部分、今回は簡単な「引き抜き止め」で対応しました。本来は「ゴム編み」などをする場合が多いですよね。

初心者に嬉しい簡単な「引き抜き止め」。余裕があれば「ゴム編み」しても
裾の処理をしたら身頃が完了です!幅を測ってみたら15cm。胴回り30cmなら小虎も着られます。

両袖はひたすら輪編みでくるくる編みましょう

ここからは腕の太さに合わせて「拾い目」をして、あとは輪編みをひたすら編むだけ。

袖へと突入。ピンクの糸に変えました。猫セーターなので、「輪」が小さい。

今回は猫のセーターなので袖幅が小さいです。この場合、棒針編みでは、短い針を数本用意するなど準備も大変で編むのも困難なことが多いですが、「魔法の一本針」では本当にコレ(一本針とコード)だけ。編み進めるのも簡単です。

時折、猫さんの邪魔が入ります。負けません。
好きな長さまで編めたら完成。私は15段目で終了にしました。(最後は引き抜き止め)

完成!魔法の一本針で「猫のセーター」

右袖は緑の糸に変えて編みました。最後に全ての糸の処理(襟ぐりなども)が終わったら完成! そうなんです、もう完成しちゃったんです。

《あれ? 「とじ・はぎ」しなくていいの?》
通常手編みのセーターだと、身頃や袖など、それぞれのパーツを編んでから、最後に全てを「とじ・はぎ」しますよね。この作業って、本当に大変だし正直面倒! でも「魔法の一本針」の今回の技法を使うと、最初から最後まで輪編みで”くるくる”編むだけでセーターが編めてしまうのです。

これって、ちょっと衝撃的ですよね!

しかも! 採寸も「編みながら」「試着しながら」進めていくパターン。
なので、最初のゲージを考える必要もない! 
と、これまた見切り発車な私にぴったりな方法が満載なのです。

そして…完成! 魔法の一本針で「猫のセーター」できました!

早速、小虎さん着用! ビビットな色が鮮やかな、モード感たっぷりの猫のセーターになりました。

彼がモードに着こなしているかどうかは謎ですが笑、これはこれで可愛いので大満足〜!
でも小虎にはちょっときつそうかな?

サイズ変更したい場合など、編んでいる途中でも直せるポイントはいくつもあります。試着を多めにして微調整しながら編めば、さらに理想のセーターに近づけると思います。

ぽちゃなお腹が目立つ素敵なセーターを着て可愛すぎるバックショット!アリに見えてしまうのは私だけでしょうか?

「手編みのセーターを編む」のって、編み物初心者さんには夢見る遠い憧れ。
でも!「魔法の一本針」ならその夢をサクッと叶えてくれます。
本当に超簡単なんです、もう私、手放せません笑。

サクッと編めちゃう面白さを皆さんと分かち合えたら素敵!
ぜひ魔法の一本針の楽しさに触れてみてくださいね。

やってみたい!「魔法の一本針」

《魔法の一本針を使ってみよう!》

魔法の一本針  基礎編①

魔法の一本針  基礎編①

高雄清子
630円(11/18 07:17時点)
発売日:1990/10/01
Amazonの情報を掲載しています

《魔法の一本針インストラクターになりたい!》
日本手芸普及協会さんではニット部門に「魔法の一本針インストラクター科」カリキュラムがあります。本格的に魔法の一本針を習ってみたい人にはオススメです。
https://www.jhia.org/curriculum/knit/knit10
【日本手芸普及協会】
https://www.jhia.org
〒164-0013 東京都中野区弥生町5丁目6番11号 ヴォーグビル内
TEL 03-5342-3670 / FAX 03-5342-3671
※ここに掲載されている情報は、発表日時点の内容となります。通知なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。

ゆったりバージョンも!「猫のセーター」パート2

編み始めたら楽しくなって「猫のセーター」2着目完成。萌え袖がポイント。もうキュンキュンです。

モードセーターは完成はしたものの、今度はゆったりセーターを小虎に着せてあげたくて2着目も編んじゃいました! 裾や袖、襟ぐりは「1目ゴム編み」を施したので、おしゃれ感たっぷりに。

猫セーターの場合、襟ぐりは「肩周り」になるのを発見したので、ネック部分を長〜く編んで対処。減目したり工夫しました。

袖を長く編んで「萌え袖」にしたら、歩き出すと手が埋もれてしまって歩きづらそうに。と、さらなる発見もあった「ゆったり猫のセーター」。もちろんこれも大満足な仕上がりです。

【こちらの本を参考にして「猫のセーター」を作りました】

誰でもカンタン 彼のセーター―魔法の一本針

誰でもカンタン 彼のセーター―魔法の一本針

発売日:1993/10/01
Amazonの情報を掲載しています
編集後記
やっぱり毛糸を触りだしたら、やめられない止まらないことが発覚。いや再認識。魔法の一本針だとアレもコレもサクサク編めるので、今度は何を作ろうかな〜と意欲湧きまくりです笑。

この記事を書いた人

biidama
大学生の息子に振り回されながら、猫の小虎に癒される日々を過ごす元幼稚園教諭です。

ハンドメイドは気になったらやってみちゃう派。
マステ、ビーズ収集癖あり。
ビーズは子供の頃から好きでライフワークになっていますが、最近針に糸が通りずらくて老眼っぽいのが悩み(笑)
投稿記事:450

関連記事