Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【10/3まで開催中】吉本”手芸人”による手芸イベント体験レポ① だいたひかるさん裁縫&ボルサリーノ山田さんレジン編

【10/3まで開催中】吉本”手芸人”による手芸イベント体験レポ① だいたひかるさん裁縫&ボルサリーノ山田さんレジン編
この記事について
2018年10月3日(水)まで有楽町マルイ8階にあるイベントスペースで開催中の「ハンドメイドアート&なつかし文具展」。”吉本手芸人”さんご本人に教わるという、なんとも斬新で他では味わえない貴重な体験をしてきました!

よしもと手芸人プレゼンツ「ハンドメイドアート&なつかし文具展」へ行ってきました!

2018年10月3日(水)まで、有楽町マルイで開催中の「ハンドメイドアート&なつかし文具展」。
イベントの中で行われているワークショップでは、”吉本手芸人さんご本人”に手芸を教えてもらえるという、驚きの体験ができるハンドメイドイベントです。
これは滅多にないチャンス!とばかりに、編集長と一緒に参加してきました。

今話題の”吉本手芸人”さんと一緒に手芸ができちゃう!?


有楽町マルイの8階にあるイベントスペースに到着。
個性的すぎるハンドメイド作品の数々が並べられていて、どれも楽しくてかわいい!興味をそそられてしまうものばかりです。

まず目に飛び込んできたのは『だいたひかる』さんのブースで見つけたこちら!

誰もが使ったことがあるであろう、昔懐かしい文具「MONO消しゴム」モチーフの布団と枕です。すごい大作〜!
テンションの上がった編集長、MONO布団に入って記念撮影していました。

他にも、だいたさん手作りの「トートバッグ」や「シュシュ」なども販売されています。


「ミシンや手縫いで作れますよ」と、あの独特の優しいボイスで超ミニサイズの「トートバック」を紹介してくれた、だいたさん。ワークショップでご本人と一緒に作ることができちゃいます!このチャンスをお見逃しなく!

だいたひかるのかんたんハンドメイド上級者コース「ミニトートバッグをつくろう」
ワークショップ参加人数:10名
チケット:『チケットよしもと』にて販売中。会場にて当日受付あり。
チケットよしもと:http://yoshimoto.funity.jp/
前売り券、当日券ともに1,200円2018年9月25日(火):17時~18時
9月26日(水):18時~19時
9月27日(木):18時~19時
9月30日(日):16時~17時
10月1日(月):16時~17時
10月2日(火):18時~19時
10月3日(水):18時~19時

ボルサリーノ山田ワークショップ「UVレジンでアクセサリーをつくろう」に編集長が挑みました!

今回作るレジンを手に気さくに話をしてくださった『ボルサリーノ山田』さん。
こちらが山田さんのお手本作品。完成すると指輪かヘアピンにすることができます

本格的なレジン作品づくりは初めてだという編集長は目の前の材料に興味津々!前のめり気味で山田さんの説明に耳を傾けます。

まずは透明なレジン液をモールドに半分程度流し込み、好きなパーツを入れるところからスタート!編集長は歯車パーツを選びました。このあとUVライトで一度しっかりと硬化させます。

「今度は、ベースの色レジンを作りますね。マーブルにしたい場合は、何色か好きな色のレジン液を作るんです」とおっしゃりながら、山田さんがお手本を見せてくれました。


透明なレジン液に着色液を数滴たらし、ようじを使って混ぜていきます。「この作業って、実は性格が出るんですよ〜!」と笑いながらおっしゃる山田さん。なるほど、参加者さんを見ていると、ようじでツンツンとビクビクしながら混ぜる方、まだ混ざり切れていないけどOKの方など、面白いくらいに性格がわかるね〜とみんなで大笑い!


飛び入りで参加されただいたさん(ご一緒できてラッキー!)のレジン液の混ぜ具合はこちら。黄色とオレンジ、2色とも色ムラがなく、全体的にキレイに混ぜられていますよね。とても丁寧で細やかな方だとお見受けしました!

次は、できた色レジン液を先ほどのモールドにさらに流し込む作業へ。編集長は白、赤、黒の3色をマーブルにするのが目標です。


ようじでレジン液をすくってモールドへ、また違う色をすくってモールドへ。「マーブル模様にしたい時は、ようじの先を使って様子を見ながら混ぜるんです」と、参加者さんを見守りながらの山田さんの的確なアドバイスはさすがです。

最初はマーブルを目指していた編集長、レジン液を入れ終わって「このままでもいい感じかも」と路線を変更。作りながら自分の好みで自由に変更ができるのが、ハンドメイドのいいところだなと改めて思いました。

しっかりと硬化させたら、いよいよモールドから作品を取り出します。この瞬間が楽しい!

「あれ?なんかギョーザの皮みたいのがくっついてる!」と大興奮なのは、山田さんの相方『ボルサリーノ関』さん。
こちらも飛び入りでワークショップに参加されてました(これまたラッキー!)。

関さんのレジン作品を見てみると、本当だ!確かにちょっとギョーザっぽい!?

「バリをある程度手で取って、ヤスリで仕上げれば大丈夫だから!」と、ここで山田さんの的確なツッコミならぬアドバイス!編集長も、関さんほどバリはありませんでしたが、綺麗にするためにヤスリで仕上げます。

関さんも、ここまで綺麗になりました!

いよいよ最後!指輪かヘアピンにする作業です。みなさんヘアピンを選択され、完成したレジン作品に接着剤でヘアピンを付け、剥がれないようにマスキングテープで固定します。とりあえず完成(接着剤が固まるのに数時間)、ワークショップはここで終了です!

完成したみなさんの作品を並べて記念撮影!自分だけの思い出の作品ができました。

1時間という短い時間で素敵なアクセサリーが作れるのも、UVレジンのいいところだな〜と実感。編集長も今回の体験でUVレジン経験値が上がり大満足な様子です。「またやりたいな、面白かった〜!」と、だいたさんも興奮気味におっしゃっていました。

だいたひかるさんのブログ『だいたひかるの気まぐれ日記』では、この日のUVレジンワークショップの様子が紹介されています。(編集長と私、載っています!)

「こういうワークショップって実は初めてなんです、人に教えるのって難しいですね〜」と言いながらも終始笑顔で楽しそうだった、ボルサリーノ山田さん。とっても気さくで、参加者さんの細かい質問にもきちんと丁寧に答えている姿がとても印象的でした。本当にありがとうございました!

ボルサリーノ山田さんのInstagramはこちら。手芸のことなどの写真が掲載!今回のワークショップイベントも紹介されています。

昔懐かしい文房具をプラ板作品に。よく見るとここにも「MONO消しゴム」が!
こちらでは販売可能な作品が並びます。リボンヘアゴムやピアスなど、カラフルかわいい!
芸人仲間さんへプレゼントした証拠写真も展示!その人のイメージに合わせて作品を作るんだとか

また、ボルサリーノ山田さんのブースでは、レジンやプラ板などの作品も展示、販売されています。仲良し芸人さんにプレゼントした作品も並べられていますよ!こちらも要チェックです。

ボルサリーノ山田ワークショップ「UVレジンでアクセサリーをつくろう」
ワークショップ参加人数:10名
チケット:『チケットよしもと』にて販売中。会場にて当日受付あり。
チケットよしもと:http://yoshimoto.funity.jp/
前売り券、当日券ともに1,000円

さて!私が参加したのは『アイパー滝沢』さんの編み物ワークショップ、「パーさんコースターをつくろう」です。
レポはこちら!

開催概要


【よしもと芸人プレゼンツ「ハンドメイドアート&なつかし文具展」】
期間:2018年9月21日(金)~10月3日(水)
時間:11時~21時
場所:有楽町マルイ8階イベントスペース
料金:入場無料
参加よしもと芸人:ボルサリーノ山田さん、だいたひかるさん、アイパー滝沢さん
ワークショップ参加人数:10名
チケット:『チケットよしもと』にて2018年9月15日(土)より前売り販売予定。会場にて当日受付あり。
チケットよしもと:http://yoshimoto.funity.jp/
※ここに掲載されている情報は、発表日時点の内容となります。通知なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。

この記事を書いた人

biidama
大学生の息子に振り回されながら、猫の小虎に癒される日々を過ごす元幼稚園教諭です。

ハンドメイドは気になったらやってみちゃう派。
マステ、ビーズ収集癖あり。
ビーズは子供の頃から好きでライフワークになっていますが、最近針に糸が通りずらくて老眼っぽいのが悩み(笑)
投稿記事:451

関連記事