Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

折り紙レジンよりお手軽!昭和レトロな「折りチラシレジン」をつくる

折り紙レジンよりお手軽!昭和レトロな「折りチラシレジン」をつくる
この記事について
ローコスト工作ここに極まれり!いらないチラシを折ってつくるアクセサリーの紹介です。「折り紙レジン」の王道が折鶴ならば、折りチラシの王道は…紙飛行機とかミカンの皮入れる箱とか…兜? 取り敢えず全部作って、どれが一番可愛いか最後にジャッジします。

(多分)みんな知ってる折り紙レジン

「Origami」の代表であり、大抵の日本人ならサクサク折れる「鶴」は和のオーラ全快の完璧なフォルムゆえに、外国人が大喜びしますよね。
折り紙レジンとは、特に和紙の折り紙を折ったモチーフの表面に、筆や楊枝などを使ってレジンを塗布。数回に渡り角度を変えちゃあUVを当ててコーティングをするものです。
通常のレジン工作に比べて、使用するレジンの量が圧倒的に少ないのにちゃんとかわいいものが出来るところが魅力です。

そんな折り紙レジンにヒントを得て、チラシで作ってみたところ、、
これがなんともレトロでいい感じになるのです!

用意するもの

UVマシンをお持ちなら、かなりお手軽スピーディです!

<材料>
・チラシ 1枚(長方形の場合:4㎝×5.6㎝ 正方形の場合:4㎝×4㎝)
・レジン液 適量
・かんざし 1本
・何かしらチェーン 1本(100均のネックレスのアジャスターを使用)
・Tピン 1本

<道具>
・はさみ
・ペンチ(先が細ければ何でも)
・筆
・あったら便利 針かピンバイス(極細のハンドドリル)
・お持ちならUV(日焼け)マシン

チラシを折る!

お好きなモチーフを折りましょう。
今回は、4種類折りました。
『足付き飛行機』『兜』『紙鉄砲』『ゴミ箱』
まずは、筆者の大好きな足つき飛行機で完成までをご紹介します。是非折ってみてください!

脚付き紙飛行機の作り方

加工する!

某宅配業者のカタログでかわいい飛行機が折れました。

ここからアクセサリーへと変貌を遂げます。

出来上がった飛行機に、筆でレジン液を塗っていきます。
結構べったり塗っています。

日サロへ誘導(UVマシンが無い場合は日光に当てましょう)

1度では紙がなかなか硬くならないので、2、3度重ね塗りと硬化を繰り返します。

お好みの硬さになったら完成!

硬くなったら、針かピンバイスで穴を開け、Tピンを通します。
Tピンを良き所でカットして、丸ペンチでフックを作りましょう。

金具の取り付け

筆者は100均のアジャスターを使いました(端にある涙型の部品は外しました)。

完成です!

以上、完成までの流れでした。
次ページでは出来上がった作品たちのお披露目&一人コンテストです!

この記事を書いた人

松野まっつ
自営業三児の母
鉱物鑑定士補8級
初級妖怪博士

得意ジャンルは
ローコスト工作(プチプラって言わない)

寡作でも、画像検索で見たことが無いものを作りたいと思ってます
投稿記事:3

関連記事