Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【第1回】CADで編み図を描いてみよう(全4回)~CADで編み図を描く理由と、準備するもの~

CADで編み図を描く準備

ここでは、フリーソフトで汎用性の高いJw-cadを使います。
CADを使うために必要なスキルや環境について紹介します。

CADソフト「Jw-cad」のホームページ

 

1. 必要なスキルは?
難しいスキルは必要ありません。文字入力やマウスなど、基本的なことができればOKです。また、スキルではありませんが、必ずセキュリティソフトの入っているパソコンをお使いください

2. 対応OSは?
対応OSはWindows Vista, 7, 8, 10です。
ほとんどの方が対応しているんじゃないかしら?

3. どうやって手に入れるの?
お使いのパソコンのOSを確認したら、早速ダウンロードしましょう。

Jw-cadのダウンロードはこちらから

ダウンロードしただけでは使えません。必ずインストールしてくださいね。

4. mac版もあり
macユーザーの方、ご安心ください。mac版もあります。

mac版のダウンロードはこちらから

※筆者はmacユーザーではないので、情報提供のみになります。

次回は編み図の基本をご紹介します

準備が出来たら、まずJw-cadを開いて、触ってみましょう。
初めて見る画面に戸惑うかもしれませんが、コマンドは日本語なのでなんとなく操作できるかもしれません。

第2回目は編み図についてお話しする予定で、第3回目から実際に簡単な編み図を描くレッスンを行います。
第3回目では、編み目記号2つを無料でダウンロードできます。

お楽しみに!

編集後記
まさか建築系のソフトが編み物につながるなんて、想像もしていませんでした。編み物の楽しみ方がまたひとつ広がりそうな予感です。1回では伝えきれない「CADで編み図を描いてみよう」は全4回の連載でお届けします。(Handful編集部)

この記事を書いた人

横山千代子
山とヨガが好きな編み物作家・講師。
母親の影響で子供のころから編み物を始めました。モノづくりが好きで建築関係の仕事に就き、そこで得た経験を活かして編み物作家さんのためのCAD編み図レッスンを開催しています。

大人になってから始めた登山とヨガに編み物との共通点を見出したので、組み合わせて何かできないかと日々奮闘中。
投稿記事:1

関連記事