Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

リボン好きにはたまらない!台湾の世界最大リボン工場「緞帶王觀光工廠」で、リボンのことを学んできた!

リボン好きにはたまらない!台湾の世界最大リボン工場「緞帶王觀光工廠」で、リボンのことを学んできた!
この記事について
台湾の首都台北からおよそ180キロ。日本でいうと、東京から静岡までの距離ほどのところ、台湾第3の都市「台中」に、世界最大のリボン工場があると聞いたので行ってきました!

「緞帶王觀光工廠」とは?

台湾の彰化縣「鹿港」にある、世界最大のリボン工場です。「緞帶」(ドォワンダイ)とは、中国語でリボンのこと。リボン工場の他に、リボンの制作について学んだりワークショップ体験ができるコーナーもあります。

アクセスは?

まず、「台北」から「台中」まで移動します。新幹線でおよそ50分です。「台中」からは、直結している在来線の「新烏日」に乗り換えます。「新烏日」から「彰化」まではおよそ10分で到着します。「彰化」からリボン工場までの移動はタクシーで、およそ30分で到着します。

「緞帶王觀光工廠」は世界最大のリボン工場!

タクシーでリボン工場に到着すると、中国語で何やら言われながら、リボンを2本渡されました。さっぱりわからず、お土産・・・?と思いながらタクシーを降ります。

こちらがリボン工場です!

「入り口はあそこだよ」と指を差されたので、中へと向かいます。

ハートのゲートから建物の中に入ります。

かわいいハートが入り口です。そこから中に入っていきましょう!

すぐに建物内へ入れると思いきや、リボン付きの中華オブジェがあらわれます。
リボンのたくさんついたピンクのブランコも。
さあ、建物内へ!

扉を開けると、リボンのゲートが見えます。

それをくぐって見えたのは、リボンでぎっしりの棚!

棚、棚、棚、です!
リボンしか入っていない、リボンだけの棚です!
リボン好きにはたまりませんね。
リボンの棚の横はガラス張りになっていて、こちらではリボンを作っている様子が見られます。

どうやら、リボン工場にリボンショップが併設されていて、工場の見学はガラス越しに見るのみのようです。

見学ツアーがないのはがっかりですが、奥にまだ何か見えます。ガラスの向こうのリボン工場を眺めつつ、奥へと移動しましょう。

自動リボン織機がお腹に入っていて、どんどんリボンがお腹から出てくるロボット。

そこにあるのは、お腹からリボンが無限に出てくるロボットや・・・、

初めて見るリボンの機械に、思わず見とれます。

リボン織機が!自動ではなくハンドルを回すと機械が動くので、どのように織られているのかじっくり見られます。

リボンってこんな風に織られるのですね~。

有名ブランドのリボンもここで製造!

こちらのリボン工場では、有名ブランドのリボンも製造しています。購入することはできませんが、ガラス棚に展示してありましたよ。

リボンで作られたこのカバンが欲しい!と思ったのは私だけではないはず・・・。
グッチ、カルティエ、などの文字の入ったリボンが!

世界中のあの有名店でラッピングの際に使われているリボンがここで作られています。

この記事を書いた人

みなみなみ
フリーランスライターです。文章で人を感動させるべく、執筆活動をしています。ハンドメイドってなんて楽しいんだろう、これとこれを組み合わせればかわいいものがきっとできる、というわくわくは世界共通!そんな気持ちをたくさんの人たちと共有していきたいです。
投稿記事:7

関連記事