Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

「キリム」というトルコの伝統毛織物にイスタンブールで出会った!

「キリム」の柄のモチーフは何?

幾何学的なモチーフの並んだキリム。女性たちは、このキリムにどんな願い事を織ったのでしょうか。

女性たちはキリムに身近な自然や願い事を織りました。

一般的に使用されている模様は、礼拝堂のアーチ型モチーフに基づいた幾何学的なモチーフがほとんどです。人や動物はコーランが許可していないため描かれていません。

女性、母性、多産を象徴する図形のエリベリンデも多く描かれています。面白いものでは、オオカミの口や足のモチーフ、サソリにさされないことを願うモチーフといったものもあります。

「キリム」を現代風に楽しむ方法

遊牧をやめ定住をし始めたトルコ人は、今はキリムを作りことはほとんどありません。しかし、その歴史や美しさを今も愛する人は数多くいます。
昔作られたキリムを、クッションカバーやバッグに作り直して日常生活に溶け込ませるのが、現代流のキリムの楽しみ方です。

遊牧をやめ定住を始めたトルコ人は、手間も時間もかかるキリムを作ることはほとんどありません。

しかし、その歴史や色鮮やかな美しさに魅了され今もキリムを愛する人が数多くいます。

アンティークのオールドキリムや、植物で染めたウールを使って伝統的なデザインのものを作った復刻キリムなどを、カーペットや壁掛けとして楽しんだり、クッションカバーやバッグに作り直したりして日常生活に溶け込ませるのが、現代流の楽しみ方です。

イスタンブールで出会った「キリム」のお店「SUFi」

Spring makes good feeling はる は きもちいい ですね!!

A post shared by SUFİ Kilim (@sufirugs) on

こちらの記事は、イスタンブールを旅行中に知り合ったオーナーのオスマンさんと、奥様の智栄さんにお聞きしたお話をもとに執筆しました。

もともとはキリムや絨毯の修復職人としてお仕事を始められたオスマンさん。今はキリムの良さを広めるお仕事をされています。

以前は大阪にもお店を出されていましたが、今は拠点をイスタンブールに移されています。

オスマンさんは展示会のために日本に来られることも多いので、機会があればぜひ一度キリムの魅力を肌で感じてみてください。

オスマンさんは日本語がとっても上手なので、安心してくださいね!

トルコキリムのお店・スーフィ

編集後記
スーフィは、一歩足を踏み入れるとトルコにいることをいつの間にか忘れてしまいそうになるほど、とってもゆったりとできるお店です。イスタンブールへ旅行のご予定がある方はぜひ、オスマンさんと智栄さんに会いに行ってみてくださいね!

この記事を書いた人

みなみなみ
フリーランスライターです。文章で人を感動させるべく、執筆活動をしています。ハンドメイドってなんて楽しいんだろう、これとこれを組み合わせればかわいいものがきっとできる、というわくわくは世界共通!そんな気持ちをたくさんの人たちと共有していきたいです。
投稿記事:8

関連記事