Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

「キリム」というトルコの伝統毛織物にイスタンブールで出会った!

「キリム」というトルコの伝統毛織物にイスタンブールで出会った!
この記事について
アジアの文化とヨーロッパの文化の交差するトルコ。モスク、スパイスやドライフルーツのバザール、カッパドキアなどの遺跡をはじめ、たくさんの魅力的な観光地のあふれる国です。今回訪問したのは、トルコ最大の都市「イスタンブール」。そこで「キリム」というトルコの伝統手工芸を大切にされているご夫婦にお会いし、その魅力を聞いてきました!

トルコってどんな国?

トルコはアジアとヨーロッパの文化の融合する国。首都はアンカラで、貨幣はトルコリラ、宗教は主にイスラム教です。

トルコはアジアとヨーロッパのちょうど中間地点で、両方の文化が融合する国です。

トルコの首都はアンカラ。面積はおよそ780,576平方キロメートルで日本の約2倍あります。使われている貨幣はトルコリラ。トルコ人やクルド人などの民族で構成され、宗教は主にイスラム教です。

トルコの毛織物「キリム」とは?

「キリム」は遊牧民の女性たちの間で、母から娘へと受け継がれてきた毛織物。トルコ産のキリムは、素朴で大胆な色遣いとデザイン性が特徴です。

キリムとは、主にトルコ、イラン、アフガニスタンなどの遊牧民の女性たちに受け継がれてきた毛織物のラグのことです。

キリムの産地は西アジアから中央アジア一帯まで広がっていますが、素朴で大胆な色使いとデザイン性を色濃く表しているのがトルコ産のキリムです。

「キリム」はどのようにして織られる?

鮮やかな色が特徴のキリム。手作りの良さがにじみ出ていますね。

キリムの歴史は絨毯よりも古く、絨毯は縦糸に色糸を結びつけるのに対し、キリムは横糸に色糸を使い縦糸と横糸を交差させて織りすすめる、という違いがあります。

キリムの素材には、遊牧しながら飼っている羊の毛やヤギ、ラクダなどの毛が使われ、織機を使わず枠組みと手で織られます。遊牧民たちが移動しながら作っていくための知恵だったのでしょう。

たたんで持ち運べる平織りのキリムは雑穀袋や敷物などに使われ、彼らの生活必需品でした。また嫁入り道具として、母が娘のために幸せを願って手間と時間をかけて織られました。

この記事を書いた人

みなみなみ
フリーランスライターです。文章で人を感動させるべく、執筆活動をしています。ハンドメイドってなんて楽しいんだろう、これとこれを組み合わせればかわいいものがきっとできる、というわくわくは世界共通!そんな気持ちをたくさんの人たちと共有していきたいです。
投稿記事:6

関連記事