Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

粘土だけじゃないレモンの作り方4選!素材を選ばず清涼感は作れる!?

消しゴムはんこでレモンを作る

消しゴムはんこなら、1つ作っておくだけで、長く使い続けることができます。
いろんなものに押して、レモンをより身近に感じられそうですね。

筆者が作ってみました

photo by 宇さ貴族
材料
消しゴム
彫刻刀
カッターナイフ
鉛筆
窓付き封筒の窓の部分(トレーシングペーパーの代わり)

「消しゴムはんこなら作れるかも!」という、軽い気持ちで筆者も作ってみました。

通常、消しゴムはんこを作るには、消しゴムや彫刻刀の他、描いた下絵を消しゴムに移すのにトレーシングペーパーが必要となります。
しかし、手元にトレーシングペーパーは無く、代わりに、手近にあった窓付き封筒の窓の部分を使ってみました。半透明の紙でできていて、トレーシングペーパーによく似た素材です。

この部分に、消しゴムにしたい下絵を描いていきます。

あまり絵心がないのは目をつぶっていただくとして…
この下絵を、消しゴムに写すべく、描いた面を消しゴムに押し付けてこすります。

このとき、しっかりこするようにしましょう。

薄くて見にくかったので、水性ペンで上からなぞりました。

写せたら、カッターや彫刻刀を使って彫っていきます。

先にカッターで果実の輪郭をなぞってから彫刻刀を使うようにすると、失敗が少なくなりますよ。
カッターや彫刻刀を使用するときは、なるべく広い場所で、周りの人や物にも注意しながら使用するようにしてくださいね!

完成しました!
あとは、お好みのスタンプインクをつけて、押すだけです。

ここまでの作業時間は、大体15分程度でした。
思ったよりも早く、手軽に作ることができました。

布用インクでレモン柄の服が完成!

材料
消しゴムはんこ
布用スタンプインクパッド(黄色・緑色)

消しゴムはんこで作ったレモンに布用インクを使うことで、服やバッグなどを簡単にレモン柄にすることができます!

素材となる服や布の色は、白色や淡い色がオススメです。
シンプルな色味に、レモンの黄色が映え、何とも爽やかなグッズとなること間違いなしですよ!

ぷよぷよボールでレモンを作る

材料
ぷよぷよボール(40~50粒程度)
ビニールシート(20cm×20cm程度・2枚)
クッキングシート(20cm×20cm程度・2枚)
油性ペン(黄色・白色)

ぷよぷよボールとは、植物の栽培などに使われるジュエルポリマーのことを指します。
「膨らむカラービーズ」や「ジェリーボール」と呼ばれることもあります。
園芸用品店やおもちゃ専門店で販売されていたり、100円均一のインテリア用品コーナーなどでも購入が可能です。
水につけることで膨らむタイプのものもあれば、膨らんだ状態で売られていてすぐに使用できるものもあります。

また、こちらを作る際には、ビニールシート同士を貼り合わせるのに、アイロンを使用します。
高温になりますので、やけどには十分に気を付けて使用してくださいね!

握って遊ぶスクイーズとしても楽しめたり、凍らせておくと保冷剤としても使用が可能です。
1つ作っておくと、暑い夏を乗り切るのに役立つアイテムとなりそうですね。

あわせて読みたい記事

レモンをモチーフとした作品を作る際に、ぜひ一緒に読んでみてください。
ハンドメイドの幅が、きっと広がりますよ!

粘土で作ろう!リアルな「檸檬」

リアリティあふれるレモンの果実が丸ごと作れるアイデアとなっています。
インテリアに最適ですね。

100均のフルーツ柄がアツい♡セリア・ダイソー・キャンドゥ

100円均一には、デザイン性あふれる素材があふれています!
ぜひ、素材選びの参考にしてくださいね。

ぷよぷよジェリーボールで遊ぼう♪アイデア活用術☆

ぷよぷよボールを使って、他にも様々なものを作ることができます!
涼しげなアイテムばかりですので、暑い季節に最適なアイデアとなっています。

編集後記
折り紙やぷよぷよボールなど、様々な素材から涼を感じるアイテムが作れるのですね。今夏はレモンをたくさん作って、暑さを吹き飛ばしましょう!

この記事を書いた人

宇さ貴族
神戸在住の兼業主婦。
元地方都市の公務員(事務職)・元保育士などの経歴があります。
ハンドメイド大好きなのに、仕事・子育てに忙殺されてなかなか手が出ず(ノω`)
時間がなくてもカンタンに・見栄え良く・使える!というものを作りたいがために日々模索中です。
ウサギさんと関ジャニ∞さんをこよなく愛する三十路少女( *´艸`)
プロフ画像は、京都精華大学のひがしのえみこ先生に描いていただきました♪
投稿記事:5

関連記事