Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

はじめてでもアレンジできる!メルトビーズづくりのポイントをチェック!

溶けにくい素材と組み合わせてアレンジ!

100均で見つけたメガネパーツ、同じプラスチックなのに溶け残りました!

完成したモチーフは接着剤でブローチピンをつけたり、ヘアポニーやピアスのパーツをつけたりしてアレンジできますが、溶かす段階でハトメ金具をひとつ入れておくと、そこだけ溶け残って吊下げ用の穴を作ることができます。

他に、溶けにくいパーツなどの素材を混ぜて(写真)デザインのアクセントにする方法も!冷めると溶けていないパーツだけ外れてしまうこともあるので、接着剤を薄く塗って補強しましょう。

メルトビーズのアレンジを楽しもう

アイロンビーズはポップな雰囲気ですが、メルトビーズでアレンジすると大人っぽいモチーフも作れて楽しみ倍増!ただ、オーブンとその周りにはプラスチックの焼けるなかなか強烈な臭いが漂うので、作業のタイミングは慎重に選んで、作業中も換気を欠かさないようにしてくださいね(ワタシはこれで家族に怒られました)。

アイロンビーズも素材によって溶け方や質感が違ってくるので、まずはお試しでいくつか作ってみるといいかもしれません。

編集後記
今回使ったアイロンビーズは1袋にいろいろな色のビーズが入っているタイプで、ランダムに並べて溶かすとまるであの絵本のゾウさんみたい!ストライプのビーズをたくさん使って、ちょっとサイケな雰囲気のモチーフを作るのも楽しいですよ!

この記事を書いた人

丸田カヨコ
鹿児島県出身東京在住、アンテナショップと銭湯と和柄にめっぽう弱い編集ライター。
ハンドメイドとは子どものころからつかず離れずの間柄ながら、
「すぐできる」と「カンタン」に飛びついてばかりでイマイチ上達しない、永遠の手芸初心者です。
ワタシのようなズボラーでも楽しめる記事を目指します!
投稿記事:13

関連記事