Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【元保育士監修】雨の日に子どもと楽しむ工作遊びのアイデア8選

この記事について
長雨が続き、お出かけが面倒に・・・。それなら、工作遊びをしませんか?お家にあるもので、簡単に作れる!作った後は楽しく遊べる!面白いアイデアをご紹介します。

一緒に作って、楽しく遊んで、雨の日を乗り切ろう!

雨の日には、どうしても遊びが制限されてしまい、退屈してしまうお子様も多いのではないでしょうか?
おうちの方も、「どう過ごせば良いの?」と頭を抱えてしまいそうなところ。

そんなお悩みは、作って・遊んで解決させてしまいましょう!

筆者は、元保育士。
その経験を生かし、子どもの年齢ごとにおすすめの工作をセレクトしました。

0~2歳の子どもにオススメの工作

こんな小さな子どもが楽しめる工作なんてあるの?と思ってしまわれるかもしれませんね。
確かに、ハサミやカッターなどは、おうちの人の出番となります。
しかし、手先もだんだん器用になっていくので、貼る・書く・折るなどは上手にできるようになっていきます。
できるところは、是非一緒に作ってみてくださいね。

ぱくぱくカエル

材料
色画用紙(黄緑)
折り紙(ピンク1枚・緑1/6枚程度)
丸シール(白2枚・黒2枚)

色画用紙は、黄緑色がオススメですが、カエルさんの体の色にしたい色なら、何色でもOK。
丸シールは目になりますので、白色が黒色より大きいものを選びましょう。
また、シールがない場合でも、紙を丸く切ってのり付けすることで、代用も可能です。

新聞紙でグローブ

材料
新聞紙(朝刊1日分)

グローブ1個につき、新聞紙3枚程度を重ねておると、強度が増します。
2個作って、余った新聞紙をボールのようにクルクルと丸めておくと、室内でもキャッチボールが楽しめるようになります。
しかも、ボールは当たっても痛くないので、ケガの心配も低いです。
とはいえ、投げる際には、周りのものや人などをよく確認してから行うようにしてくださいね。
新聞紙をちぎって撒くだけでも楽しい室内遊びができますが、ひと工夫加えるだけで、遊びの幅もグッと広がりますよ。

3~4歳の子どもにオススメの工作

好奇心旺盛で、なかなかじっとしていられないこの年頃。
しかし、大人のいうことやルールが少しずつ理解できるようになる年齢でもあります。
ゲーム感覚で遊べるものを作ってみると、一緒に楽しめますよ。

輪投げゲーム

材料
色画用紙
ペットボトル(500mlを5~6本)
ビニールテープ
新聞紙(朝刊1日分)

色画用紙は、ペットボトルの装飾用であるため、無くてもOKです。
代わりに、マスキングテープやシールなどでデコレーションしてもかわいいですね!
的になるペットボトルの場所と、投げる距離さえ取れれば良いので、比較的コンパクトなスペースでも楽しめそうですね。

お散歩できちゃうワンちゃん

材料
牛乳パック(1000mlを1本、500mlを1本)
布テープ
新聞紙(朝刊半分程度)
折り紙(白・赤 1/2枚程度、黒1枚)
毛糸(1.5m程度)
輪っか

折り紙は、ワンちゃんの顔のパーツとなります。
用意できない場合は、油性ペンなどで直接書き込んで顔にすることもできます。
輪っかも、無ければ毛糸の先を丸く持ちやすいように結んでおくだけでOKです。

また、パーツ次第では、ネコちゃんにもウサギちゃんのも、いろんな動物にすることが可能です。
好きな動物をお散歩させることができますね。

この記事を書いた人

宇さ貴族
神戸在住の兼業主婦。
元地方都市の公務員(事務職)・元保育士などの経歴があります。
ハンドメイド大好きなのに、仕事・子育てに忙殺されてなかなか手が出ず(ノω`)
時間がなくてもカンタンに・見栄え良く・使える!というものを作りたいがために日々模索中です。
ウサギさんと関ジャニ∞さんをこよなく愛する三十路少女( *´艸`)
プロフ画像は、京都精華大学のひがしのえみこ先生に描いていただきました♪
投稿記事:5

関連記事