Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

楽しい!ジャムイスト「グラスジャム」でステンドグラス風シール作り

楽しい!ジャムイスト「グラスジャム」でステンドグラス風シール作り
この記事について
新感覚デコレーションペイント「ジャムイスト」シリーズの『グラスジャム』は、描いて乾かすと貼って剥がせるシールになるペイントホビー。大人も子供も楽しめるステンドグラス風シール作り、夢中になっちゃいました!

新感覚デコレーションペイント「ジャムイスト」

「ジャムイスト」はお絵描き感覚で楽しめるデコレーションペイント。チューブ型の容器も可愛らしく、お絵描きして乾かすだけで様々な質感が楽しめます。

新感覚デコレーションペイント「ジャムイスト」がブームの予感!

「ジャムイスト」シリーズは全6種。ガラス、布、金属、プラスチック、ウッドなど様々なものに手軽にペイントデコを楽しめる「ビーズジャム」「パールズジャム」「ストーンズジャム」「クリスタルジャム」「ルミナスジャム」に加え、貼って剥がせるステンドグラス風シールが作れる「グラスジャム」のラインナップ。
今回はこの「グラスジャム」を使って、お絵描きシール作りに挑戦してみました!

写真左から、【Jam*ist(ジャムイスト)】GLASS*JAM(グラスジャム)ストライプリボン、デコレーションケーキ、スペースシャトル。ケースもおしゃれ、これはキッズの創作意欲をそそりそう!
セット内容は13本のペイント(黒2本、カラー11色各1本)、お絵描き用のフィルム、お手本になる下絵と説明書。グラスジャムのカラーは3種類どれも同じです。

ちなみにパッケージの違いは何かというと、セット内容のお手本下絵のデザイン。パッケージの印象そのままのお手本が同封されているので好みで選ぶのが吉。ちなみにジャムイスト公式HPでは、無料でダウンロードできるお手本も公開されています。これは嬉しい!

Jam*ist(ジャムイスト)公式HP|株式会社マーフィー

グラスジャムでステンドグラス風シール作りに挑戦!

グラスジャムを使ったステンドグラス風シールの作り方はとっても簡単。同封の説明書によると、

①お手本の上にフィルムを置く
②お手本にそってフレームを塗り、乾燥させる(乾燥時間:約1-2時間)
③フレームが乾燥したら内側を厚めに塗り、乾燥させたら完成(乾燥時間:約5-8時間)

とのこと。乾燥のための待ち時間があるので、あっという間に完成!とはいきませんが、わかりやすい手順でこれなら小学校低学年のお子さんでも楽しめそう。習うより慣れろ派の筆者、さっそく挑戦です!

フレーム(枠線)を描いて乾かす

まずはお手本にフィルムを合わせます。セットから出したばかりのフィルムはくるんと丸まっているので、マスキングテープなどで固定するとズレずに作業しやすかったです。
グラスジャムのチューブの先はお絵描きしやすいようにかなり細め。黒でシールのフレーム(枠線)を描いていきます。
ギュッとチューブを握って均一に線を…が、ぷるぷる震える~。思い切りの良さが綺麗な線を描くコツかも!線と線のつなぎ目は隙間ができないように。
はみ出しちゃった!そんなときは綿棒でササっと拭えばハイ元通り!乾く前なら拭き取ることができるので失敗しても問題ナシ。
フレーム(枠線)を描いたら1~2時間ほど乾燥させます。

やり始めたら止まらなくなってしまい、張り切ってたくさんフレームをお絵描きしちゃいました。
セットされているお絵描きフィルムは小さめのものが1枚だけなので、一気にたくさんお絵描きするときはクリアファイルで代用すれば良さそう。中に下絵も挟めて一石二鳥かも。
しっかり乾いていることを確認したら色塗りです!

好きなカラーで色塗り

フレームが乾いたら、いよいよ色塗りです。セットに同封されているカラーは12色。定番の赤や青、緑などに加え金・銀などもあるので配色を考えるのも楽しそう。説明書には「内側を厚めに塗る」とあるので、フレームの中を隙間ができないようにグラスジャムで埋めていきます。

フレームの隣に線を引くように色を乗せて、
ペン先で塗り広げるように埋めていきます。この方法が一番キレイに隙間なく塗れました!
なかなかキレイに塗れました!このまま5~8時間乾燥させます。
一晩置いて、端っこからそーっとめくってみると…おお!キレイに剥がれる~!ペリペリ、という音が気持ちいい至福の瞬間であります!これがそのまま貼って剥がせるシールに。

キレイに仕上げるコツは、グラスジャムをこってりたっぷり塗ること!フレームの中を綺麗に塗ろうとすると薄付きになってしまいがちなので、わずかな塗り残しができてしまうことも。
実は筆者、一度失敗しています…↓

ほんのわずかな塗り残しが見るも無残な穴あき状態に。塗り残しはフレームとの境目にできることが多く、気づかないまま乾かしてしまうとこんな悲しい結果に。

最初に作ったフレームは全てこの状態で大失敗…!これを教訓に生み出したのが、先ほど写真でご紹介した「フレーム横に線を引く作戦」です。さらに、色付けをしたあとシートを持ち上げて下から覗くとわずかな隙間も発見できるのでチェックするのがおすすめ。ちょっとこんもり塗り過ぎたかな~、くらいでOKでした!

ステンドグラス風シール完成!

完成したステンドグラス風シールはツヤっとしていてとっても可愛い!ガラスやプラスチックに貼って剥がせるので、さっそくいろいろなものに貼ってみました。

ガラス瓶や100均のプラスチック容器にペタリ。お気に入りはフリーハンドで描いたニコちゃん♡
UFOと飛行機は窓ガラスに貼ってみました!外から見てもなかなか目立つので、クリスマスやお正月などのイベントに合わせて飾り付けても楽しそう!
もちろん簡単に剥がせてガラスに跡も残りませんでした。これなら気軽に窓ガラスデコができますね!

白・黒・金・銀以外のカラーは乾くと透明感が出るので、ガラスデコレーションにぴったり。不透明な4色と組み合わせることで作品にメリハリが出るのもまた面白い!

最初は「これはチビッコたちが喜ぶハンドメイドホビーだな~」と思っていたのですが、実際始めてみると大人も夢中になってしまう楽しさ!フレームを描くときなどは時間を忘れて集中してしまいました。
作業自体は単純ですが、シンプルだからこそアレンジの幅も広く、ちょっとしたデコレーションからイベントごとに合わせた飾りつけなど楽しみ方もいろいろ。お子さんの自由研究や親子ハンドメイドにもぴったりだと思います。男の子にも女の子にもおすすめですよ!

今回作ってみたグラスジャムをはじめ、ジャムイストシリーズは接触や誤飲により健康に影響を与えるレベルで含まれているか否かを調べる欧州玩具安全規格をクリアしています(※ルミナスジャムを除く)。
お子さんの誤飲・誤食のないよう注意するのは当然ですが、安全性に配慮されているのもキッズハンドメイドには重要ですよね。
作って楽しい、使って嬉しい!手軽に作れて大人も子供も楽しめるグラスジャム、ぜひみなさんも手に取ってみてください!

ジャムイスト公式Facebookでは、作品例やイベントのお知らせなど気になる情報が随時更新されています。真似したくなる作品や、あっと驚く使い方のアイデアなどがたくさん!作品作りの参考にしてみてくださいね。

Jam*ist公式Facebook

編集後記
お絵描きとぬり絵、どちらも子供のころ大好きだったわたしとしてはたまらないホビー、グラスジャム。実はこのあと、近所の小学3年生の女の子とグラスジャムで遊んだのですが、お気に入りのキャラクターを下絵にしてとっても楽しんで作ってくれていました!

この記事を書いた人

うづし夫
札幌出身、千葉在住。夫と柴犬うにと2人+1匹暮らし。
へんてこりんなライター名は先代犬の名前から拝借🐕
手作りが大好きで某大手手芸店に就職し、毎日どっぷりハンドメイドに浸かっていました。
犬との暮らしを望んで在宅ライターに転身、愛犬とPCに弄ばれつつ毎日楽しく暮らしています。
投稿記事:495

関連記事