Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

「ねこ切り絵」待望の第2弾☆「12か月のねこ切り絵」で素敵なねこたちをつくりませんか?

「ねこ切り絵」待望の第2弾☆「12か月のねこ切り絵」で素敵なねこたちをつくりませんか?
この記事について
「ねこ切り絵」待望の第2弾!季節に合わせてかわいいねこが一年中楽しめる「12か月のねこ切り絵」が発売中です。【株式会社誠文堂新光社】

様々なシチュエーションの”ねこ”が一年中楽しめるなんて幸せ。

ねこの本でもあり、切り絵の本でもある「ねこ切り絵」に第2弾が誕生しました!

夏の暑い日も冬の寒い日も、その時々に応じて一番心地よい場所を探すのが得意なねこたち。
そんなねこの姿をたくさん詰め込んだのが「12か月のねこ切り絵」です。

「12か月のねこ切り絵」では、ねこだらけだった前回に、季節を彩るモチーフや小物をプラス。
日々の暮らしに寄り添いながら、一年中見て、切って、楽しめる切り絵の本です♪

美しくて可愛らしい「図案」いろいろ



図案は同じねこでも、切る人によって、ねこの表情は千差万別。
どんなねこでも”自分だけのねこ”になります。

まずは本を開いて、気に入った子から挑戦してみてください。
自分だけのねこ切り絵が、あなたの生活を楽しくしてくれます♪

作品の作り方、カラーバリエーションも参考に



切り絵の初心者さんでも取り組めるような、丁寧な解説を写真付きで説明。
カラーバリエーションのページでは、色が違うだけでイメージが変わるなど、とても参考になりますよ。

かわいい”ねこ”たちの細かい表情まで再現された、切り絵の数々!
見ているだけでも楽しい「12か月のねこ切り絵」で、ほっこり幸せ気分をどうぞ♡

商品概要


【12か月のねこ切り絵】
著者:高木 亮
仕様:B5変判、144ページ
定価:本体1,500円+税
配本日:2018年5月10日(木)

【著者プロフィール】高木 亮(たかぎ・りょう)さん
切り絵作家。「かわいくて、おかしくて、少しだけ寂しい世界」をいろんなところで発信中。
WEBサイト「にゃなか」でねこ切り絵を使った連載をしているほか、吉祥寺で行われているねこ祭りでは猫の切り絵などをふんだんに使った個展を開催し、好評を博している。
おもな著作に「ユメとバルーン」、「ビリーザトナカイ」(ともにビーナイス刊)、「たのしい切り絵レッスン」(家の光協会刊)、「ねこ切り絵」(誠文堂新光社)などがある。

【ご購入はコチラ】

紀伊國屋書店:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784416618639
楽天ブックス:https://books.rakuten.co.jp/rb/15381753/
ヨドバシ.com:https://www.yodobashi.com/product/100000009002937319/
honto:https://honto.jp/netstore/pd-book_28954913.html
オムニ7:https://7net.omni7.jp/detail/1106873510
※ここに掲載されている情報は、発表日時点の内容となります。通知なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせ先

【株式会社 誠文堂新光社】
本社所在地:東京都文京区本郷3-3-11
ホームページ:http://www.seibundo-shinkosha.net/
フェイスブック:https://www.facebook.com/seibundoshinkosha/
ツイッター:https://twitter.com/seibundo_hanbai

関連記事