Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

日本のハンドメイドは海外でも人気!「LOVE HANDMADE Fes 2018 in 台湾」に行ってきた!

LOVE HANDMADE Fes 2018 in 台湾

4月7日、8日の2日間にわたって開催されました。

華山1914文創産業園區では、毎日のようにたくさんのイベントが行われています。そこで4月7日と8日の2日にわたり、日本人ハンドメイド作家さんによるイベントが行われていました。

開場直後にこの人の数!

アクセサリーや羊毛フェルト、消しゴムはんこなど、ずらりと並んだハンドメイドのブースは多くの人であふれていました。

台湾で人気の柴犬モチーフも!

人気のワークショップは?

ブースの数は15店舗。その中でも特に人気のあった2ブースをご紹介します。

消しゴムはんこのブース

台湾は日本と同じアジアということもあり、個人の印鑑をつくる文化があります。そのためか、消しゴムはんこのブースはとてもにぎわっていました。

なんと、すでに台湾で消しゴムはんこの本を出版されている作家さんも。日本全国各地でワークショップの講師をつとめている津久井智子さんの本です。
このイベントのために、台湾限定デザインを制作されたそうです。

左から、台北101、電鍋、熊、小籠包のデザインの消しゴムはんこ。

ちなみに「電鍋」とは、ボタン一つで、炊く、煮る、蒸す、温める、の調理法が可能な便利品。台湾では非常にメジャーな調理器で、一家に一台はある万能調理器です。これぞ台湾を代表するアイコンのひとつです。

消しゴムはんこのワークショップをされている様子です。

消しゴムはんこのワークショップは、すぐに満員御礼となったそうです。

羊毛フェルトのブース

日本でも人気の羊毛フェルト。日本らしい盆栽や木にとまる小鳥などの作品がありました。

こんなに小さくて繊細な作品も羊毛フェルトを使って作れるんだな、と目からうろこでした。

座布団に座る小鳥は、日本らしい作品ですね。
小さな羊毛フェルトの小鳥がたくさん並んでいました。
こちらは盆栽にとまる、小鳥シリーズです。

ハンドメイドの楽しさは世界共通

台北を歩いていると「日式」と書かれたものをよく見かけます。それは「日本の、日本風の」という意味です。台湾で日本のものはとても人気があります。日本の食べ物や日本の雑貨、日本の文化など、特に若い世代に注目されています。

今回開催されたハンドメイドイベントも、日本のハンドメイド作品を購入したりワークショップが開催されたりするということで多くの台湾の方が来られたのでしょう。

消しゴムはんこのように細かい図柄をナイフで彫ったり小さな羊毛フェルト作品を組み合わせるなど、日本人の手の細かさやアイディアが表れた作品は台湾の方を魅了し、さらに日本を好きにさせたに違いないでしょう。

編集後記
1日目の開場直後だというのに人が多く、正直驚いてしまいました。台湾でのハンドメイド熱の高さには、これからも注目していきたいです。

この記事を書いた人

みなみなみ
フリーランスライターです。文章で人を感動させるべく、執筆活動をしています。ハンドメイドってなんて楽しいんだろう、これとこれを組み合わせればかわいいものがきっとできる、というわくわくは世界共通!そんな気持ちをたくさんの人たちと共有していきたいです。
投稿記事:8

関連記事