Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

辻希美さん独占インタビュー!親から子へ伝えたい、手作りは最高のコミュニケーション

辻希美さん独占インタビュー!親から子へ伝えたい、手作りは最高のコミュニケーション
この記事について
モーニング娘。としてアイドルの頂点を極め、結婚後も第一線で活躍されている辻希美さんが第42回 2018日本ホビーショー「JAPAN Handmade of THE YEAR 2018」を受賞されました!妻として、母としてキラキラ輝いている辻さん。手作りの素晴らしさや楽しさをお話してくださいました!

辻希美さんが
「JAPAN Handmade of THE YEAR 2018」受賞!

ハンドメイドの魅力を世界に発信する「日本ホビーショー」。
毎年14万人以上の女性たちが集まる、世界最大級のハンドメイドイベントです。
そこで表彰される『JAPAN Handmade of THE YEAR 2018』は、ハンドメイドの普及に貢献された著名人・クリエイターに贈られる名誉ある賞です。
第42回を迎えた2018年は4月26日~28日の3日間、東京ビッグサイトにて開催。26日に授賞式がとりおこなわれ、
辻希美さん、とよた真帆さん、光浦靖子さんが受賞されました。

辻希美さんのイチオシは「ズパゲッティ」の編み物

辻希美さん受賞コメント
「今回はこのような素敵な賞をいただいて本当に嬉しく思っております。私は小さい頃から何かを作ったりすることが好きで。お母さんになっても娘と一緒にフェルトで何かを作ったりとか。今はズパゲッティで何かを作ったりすることが好きで、今もよくやっています。まだまだ初心者でもあり、まだまだ勉強中ですので、これからもっともっと素敵なものを作っていけるようになりたいなと思っています」

辻さんは書籍やブログを通して若い世代に編み物の楽しさを発信。おしゃれで実用的なズパゲッティはHandfulでも大人気!

アイドルグループ、モーニング娘。の人気メンバーとして10代を駆け抜けた辻希美さん。結婚後は3人のお子さんにも恵まれ「いい夫婦の日 オブ・ザ・イヤー」を受賞されるなど、妻として、母として第一線で活躍されています。
そんな辻さんに、ご自身の手作りのルーツやお子さんとの親子ハンドメイドのお話など、Handfulが独占インタビューさせていただきました!

辻希美さんに独占インタビュー!

手作りは最高のコミニュケーション!
楽しさを親から子へ伝えていきたい

日本ホビーショーの会場内は見ているだけでも楽しくてワクワクしちゃう、と辻さん。あまりの可愛さに筆者はドキドキしちゃってます。

─『JAPAN Handmade of THE YEAR 2018』受賞、おめでとうございます!

辻希美さん(以下略)「ありがとうございます。まだまだ初心者なので、この素敵な賞に恥じないよう、これからもっとたくさんの手芸に触れていきたいです」

─辻さんはご自身で手作りされるだけではなく、ブログなどでお子さんと一緒に編み物を楽しまれている様子がとても印象的です。実際に手作りが子育てに与える影響などはありますか。

「娘とよく作ったりするんですけど、やっぱり自分で作ると愛着も湧くし、ちゃんと大事に使ってくれるというのが(手作りの)一番のいいところかなと思います」

─なるほど。

「あとはやっぱりコミュニケーション!大きくなるにつれて、やっぱり親より友達優先みたいになっていっちゃうところがあるんですけど、でもその中で子供とコミニュケーション。うちは上が女の子なので、そういうところで一緒に遊ぶということがとっても良い時間だなと思います」

─手作りを通して一緒に過ごす時間を共有するというのはとっても素敵ですね。

「そうですね。私も小さい時に母とよくそういう時間を過ごしてきて。今でもやっぱり覚えているし、思い出に残っているので、それを代々伝えていきたくて。自分の孫、娘の子供にもどんどん引き継いでいきたいって思いがあります」

旦那さんに編んだマフラーはダメでした(笑)

─実際に辻さんが手作りされたもので、ご主人やお子さんに好評だったものはありますか?

「えー、なんでしょう」

─これはヒットだった!みたいな。

「…マフラーは駄目でしたね(笑)」

手作りプレゼントなら男性にではなく同性に!と笑う辻さん。手編みのマフラーは今も昔も男性にとって”重い”のか⁈

─駄目でしたか⁈ブログで拝見しましたが、旦那様に編まれてましたよね!

「そうなんです(笑)男性はマフラー駄目ですね(笑)ちょっと重いんですかね。やっぱり自分のために作るのが一番かなと」

─まさに「手作りあるある」ですね(笑)。ちなみに、お子さんとはフェルトマスコットを手作りして楽しんでいると仰られていましたが、そのほかに注目している手芸はありますか。

「そうですね、光浦さんがやられていた」

─ニードルフェルトですね!

「はい!あれは娘もやってみたいって言って何回か挑戦してみたんですけど」

親子で楽しむ手作りの時間は、辻さんにとってとても大切なんだそう。


─そうなんですか!

「簡単そうに見えて難しくって。でも光浦さんの作品を見て、ちゃんとやればこうなるんだ!って。やっぱりやってみたい!と思ってます」

辻希美さんおすすめ!編み物初心者でも楽しめるフックドゥ・ズパゲッティ

バッグ以外にも、ズパゲッティで小物やランドリーバスケットなどを編まれたそう。お子さんが寝てから始める編み物タイムは、ついつい夢中になって止まらなくなってしまうんだとか!

─最後に、これからハンドメイドを始めてみようかな、お子さんのために何か作ってみようかなというママさんたちにメッセージをお願いします。

「初めて編み物をと思っている方にはやっぱりズパゲッティはおすすめだと私は思っていて。ズパゲッティは1本1本がとても太いので編みやすいですし、間違えてもすぐほどけるし!」

辻さんが編まれたズパゲッティのフリンジバッグ。ベーシックカラーはママコーデにもぴったり!
こちらも辻さんの作品。今夏話題のロープショルダーはレジャーシーンにもおすすめ!カジュアルコーデにハマります。

─細かい作業が苦手でも大丈夫なんですね。

「私はかぎ針で編んでいるんですが、それこそ2つの編み方さえ覚えてしまえば子供でもできるくらい本当に簡単なものなので。バッグじゃなくても、丸く円に編むだけで可愛いコースターが作れたりするのでおすすめです。ぜひ第一歩をズパゲッティから始めてもらいたいです!」

─これからも素敵なハンドメイドを楽しみにしています!ありがとうございました!

とここで、最後にこれを…とハリちゃんを取り出すHandful編集長。

「これあれですよね、さっき光浦さんが」
(辻さんのインタビュー前、同じく『JAPAN Handmade of THE YEAR 2018』を受賞された光浦靖子さんにニードルフェルトの実演をお願いしていたんです!その様子はこちらの記事

─そうなんです、Handfulのマスコットにしようかなと思っていて。

「すごーい!可愛いー!」

辻さんとハリちゃんのツーショット。心なしかハリちゃんも嬉しそう。羨ましいぞ!

終始ニコニコと笑顔を絶やさずインタビューに答えてくださった辻さん。モーニング娘。全盛期の「辻ちゃん」のキラキラした可愛さはそのままに、地に足のついたしっかり者のお母さんという印象でした。
これからもいろいろな手芸を楽しんでいきたいと語る辻さんのプライベートハンドメイドは、オフィシャルブログ「のんピース」にもたびたび登場しています。ぜひチェックしてみてください!

辻希美オフィシャルブログ|のんピース

辻さんならではのキュートで可愛い小物からデイリーユースにぴったりのバッグなど、初心者でも楽しめるフックドゥ・ズパゲッティの魅力が詰まった1冊。子供向けのアイテムも収録されています。

編集後記
インタビュー中、一番印象的だったのはご家族のお話をされているときの辻さんの笑顔!特に「手編みのマフラーはダメだった」というくだりでは、ある意味失敗エピソードなのにもかかわらず、思い出し笑いをするようにお話される辻さんに家族円満の秘訣を垣間見たような気がしました。手作りって素敵だな、改めてそう思えるインタビューでした!

この記事を書いた人

うづし夫
札幌出身、千葉在住。夫と柴犬うにと2人+1匹暮らし。
へんてこりんなライター名は先代犬の名前から拝借🐕
手作りが大好きで某大手手芸店に就職し、毎日どっぷりハンドメイドに浸かっていました。
犬との暮らしを望んで在宅ライターに転身、愛犬とPCに弄ばれつつ毎日楽しく暮らしています。
投稿記事:495

関連記事