Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

「inBlooom(インブルーム)」で台湾デザインのワークショップ体験!

「inBlooom(インブルーム)」で台湾デザインのワークショップ体験!
この記事について
台湾でしかできない体験をしたい方におすすめの、台湾人にも人気のデザイナーブランド「inBlooom(インブルーム)」のワークショップを受けてきました!

inBlooom(インブルーム) 印花楽とは?

inBlooom(インブルーム)は、台湾デザインを肌で感じることのできる場所です。

inBlooom(インブルーム)は、2008年に台湾人デザイナーにより設立されたプリント生地のブランドです。

パターンデザインとプリント生地を組み合わせた、すべてのデザインの商品開発を自社で行っています。パターンデザインは台湾の生活に息づく昔の記憶からインスピレーションを受けたものを採用しており、独特の配色と懐かしさ、新しさを併せ持ったデザインが特徴です。

inBlooom松山文創園区店のワークショップって?

1色刷のものを選べば30分程度でできるので、気軽に挑戦できますよ。

直営店舗第一号を「迪化街(ディーホアジエ)」に構えてから、現在は台北市内に3店舗を構えます。松山文創園区店では、「Handmade BAR」でお茶を楽しみながらワークショップに参加できます。

台湾の日暮里!?台湾の布問屋の9割があつまる迪化街(ディーホアジエ)に行ってきた

松山文創園区を少し奥に進むと、複数の店舗が並ぶ建物があります。その中に「Handmade BAR」のあるinBlooomはあります。開放的な店内は、商品が売られているエリアとワークショップスペースにわけられています。作業スペースには大きなテーブルが用意され、のびのびと作品作りに没頭できますよ。

また、こちらのワークショップはグループで行うのではなく個人で作業をします。そのため決まった時間はなく、開店時間内ならいつでもワークショップ体験ができます。

松山文創園区とは?

この辺りは高層ビルが立ち並び都会的な雰囲気が漂うエリア。松山文創園区は6.6ヘクタールある敷地内に緑があふれ、人々にとって貴重なオアシスとなっています。

ここはもとは「松山煙草工廠」という煙草工場で、1937年に建設されました。1998年に60年の歴史に幕を下ろし閉鎖。1930年代に建てられた貴重な建築物として、工場跡地は2001年に市の史跡に指定されます。この歴史的建築物をどう活用するか議論の末、現在の文化施設にすることが決定しました。そしてリノベーションされ、展覧会や芸術活動を行うエリアとして生まれ変わったのです。

アクセスは?

松山文創園区は、MRT「市政府」から徒歩およそ5分、もしくはMRT「国父記念館駅」から徒歩およそ5分のところにあります。

inBlooom 「Handmade BAR」へ

inBlooom松山文創園区店のワークショップは、台湾での思い出とお土産を同時に作れる、貴重な場所。

Handmade BARで楽しめるワークショップは、「スクリーンプリンティング」。プリントするデザイン、プリントするもの、色を自由に選んで作品をつくり持って帰ることができます。

この記事を書いた人

みなみなみ
フリーランスライターです。文章で人を感動させるべく、執筆活動をしています。ハンドメイドってなんて楽しいんだろう、これとこれを組み合わせればかわいいものがきっとできる、というわくわくは世界共通!そんな気持ちをたくさんの人たちと共有していきたいです。
投稿記事:6

関連記事