Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

光浦靖子さんのブローチ作品集『靖子の夢』がクスっと笑えて楽しい♪

光浦靖子さんのブローチ作品集『靖子の夢』がクスっと笑えて楽しい♪
この記事について
日本ホビーショーがハンドメイドの普及に貢献した著名人・クリエイターを表彰する『JAPAN Handmade of THE YEAR 』。その栄えある賞を受賞した光浦靖子さんが作る、可愛くてちょっと笑えるニードルフェルトのブローチ作品の魅力をご紹介します!

JAPAN Handmade of THE YEAR とは

光浦靖子さんが今回受賞したJAPAN Handmade of THE YEAR は、世界最大級のハンドメイドイベント『日本ホビーショー』が毎年ハンドメイドに貢献した人を称えるもの。
今年の受賞者は、光浦靖子さん、辻希美さん、とよた真帆さん。
積極的にハンドメイドの魅力を発信されていることが受賞の理由となりました。
授賞式は26日(木)11:00よりとりおこなわれます。

第42回を迎える日本ホビーショー。2018年は4月26日 (木) ~ 28日 (土)、東京ビッグサイトにて開催されます。

日本ホビーショーではアート、アクセサリー、ファッション、ペーパークラフト、DIY、フラワーなどの企業、個人など、約750ブースが出展し、あらゆるハンドメイドの魅力が披露されます。
なんと3日間で14万人以上が来場するそう!

光浦靖子さんは「ニードルフェルトのブローチ」で受賞!

今回は手芸本刊行、個展開催、キット販売など、さまざまなメディアで手芸について発信されている光浦靖子さんをクローズアップしたいと思います。

まずは光浦靖子さんの受賞コメント
「(ニードルフェルトの)魅力は、自分のテンポでやれること。趣味ならなおさらいいですね。
〆切がないから。起きてんだか、寝てんだか、の境地は最高です。
今後は小さなものでびっしりの、大きなものを作りたいです。」

ビーズ刺繍やスパンコールもインパクト抜群なカエルのブローチ。「なかなかリアルに作れたんじゃないかなあ?と思ってます。カエルは色がキレイだから、周りもポップに。」と光浦さん

可愛いけれど何だかちょっぴり面白い⁈
一度見たら忘れられなくなりそうな個性的なブローチを製作されている光浦靖子さんは、芸人であり、エッセイストであり、手芸作家でもあります。

昨年4月には3冊目となるブローチ作品本『靖子の夢』を刊行。
2012年に初の手芸本を発表されてから5年の歳月を経て完結した「手芸本3部作」は、手芸本らしからぬオモシロ企画と、それに負けない印象的なブローチ作品がたっぷり詰まった作品集。
多才で繊細な、手芸作家としての光浦靖子さんの魅力に迫ります!

光浦靖子さんの手芸本3部作完結編『靖子の夢』

靖子の夢

光浦靖子さんの手芸本3部作は、なんといってもタイトルが印象的。
記念すべき初の手芸本タイトルは『男子がもらって困るブローチ集』。
もらって困る?ならどうして作るのよ!と一人ツッコんだあと、じわりと笑いがこみ上げてきます。

男子を困らせた2年後には、2冊目となる手芸本子供がもらって、そうでもないブローチ集』を発売。
そうでもない、という微妙なココロの隙間、作り手と貰い手のすれ違う想いを想像するだけでちょっぴり笑えてきますね。

そして手芸本3部作の完結編、『靖子の夢』。
ここにきて”夢”ときた。

3部作全てにおいて言えるのは、ページをめくる前から何だかワクワク、妄想が止まらないところ。
男子も子供も、もらって微妙な反応のブローチなのです。
それを”夢”だと言う光浦さんの作品集って一体どんななんだろう?
光浦靖子さんご本人からいただいた一言コメントとともに、『靖子の夢』をほんの少し、覗いてみましょう!

光浦靖子さん製作「火の輪くぐりの虎」

「半立体のブローチを作り始め、はや何年。手が飛び出るようになりました。じゃ、立体作れよ、なんですが、ブローチにすると半分見えないから。働き方改革です。」

この臨場感たるや!まさに「飛び出すブローチ」ですね。
こちらの作品は一冊目の手芸本『男子がもらって困るブローチ集』から続く、
極楽とんぼ加藤浩次さんへのプレゼント大作戦企画の最終形態。
『靖子の夢』でも加藤浩次さん、光浦靖子さんの狂犬VS乙女による手作りトークがたっぷり収録されており、思わず「がんばれ!ハンドメイド女子!」とエールを送りたくなります(笑)
8年に及ぶ加藤浩次さんへのプレゼント大作戦、最終章!結果はいかに…⁈

光浦靖子さん製作「仁くんブローチ」

「草野仁さんを作らせてもらいました。芸能界で、ぜーったいに手作りのモノをもらっても悪く言わない男性って誰かな?と思って。プレゼントしたら喜んで頂けました。」

どこからどう見ても草野仁さんにしか見えません。
ニードルフェルトで作るリアル愛犬やリアル愛猫は数あれど、ついに似顔絵(毛?)まで!
光浦さんのコメントにある通り、草野仁さんとの対談はハンドメイド女子にとってほっこりの連続です。

「手芸というのは、報われない愛、純愛が必要なの!」
―ブッス!手芸部より抜粋

“「押忍! 手芸部」に憧れて、手先の器用な人たちを集めたら、偶然、ブスばかりでした”ということで結成された「ブッス! 手芸部」もついに完結編です。
『靖子の夢』では相方・大久保佳代子さんといとうあさこさんを迎えて、
プレゼントしたい人に贈るブローチ製作の一部始終を光浦さんご本人がドキュメントされています。
その中で光浦さんが放った「手芸というのは、報われない愛、純愛が必要なの!」、これはハンドメイドに携わるものであればグサリと胸に突き刺さる一言!
女子なら誰もが一度は経験したであろう「報われない手芸」。
さて大久保さん、いとうさんは誰にどんなブローチを贈ったのか?そして喜んでもらえたのか⁈

また、純愛が必要な手芸、光浦さんが報われたと感じたのは「甥っ子姪っ子の通園バッグを作ってあげたこと」なんだそう。
なるほど入園入学グッズは報われる手芸なんだと妙に納得してしまいました。
そんな光浦さん、『靖子の夢』では姪っ子さんをモチーフに壮大なニードルフェルトテーマパークを製作されています。
細部にまで遊びゴコロのエッセンスが散りばめられた”夢の国”は圧巻です!

光浦靖子さんにプチインタビュー

すっかり光浦さんの本に魅了されてしまった筆者。
ここでなんと! ご本人からコメントをいただけるチャンスを得ました!

―光浦さんのブローチのテーマはどれも「えっ」と思ってしまうような、個性的でキャッチーな作品が多いのですが、どうやってデザインを決めていらっしゃるのでしょう?

光浦靖子さん(以下略):「適当に、です。作りたいなぁ、と思うモチーフを先に決めて。」

―ひとつの作品を仕上げるまでどのくらいの製作時間がかかりますか?

「物によるので…6時間から3日間、です。」

―自分で作られたブローチは身に付けない、と著書「靖子の夢」のエッセイの中でおっしゃられていましたが、作品たちの余生はどのように?

「家にしまってあります。」

―今までに制作に取りかかってボツにしてしまった作品はありますか?あればそのボツ理由も教えてください!

「黒一色。高低差が出ない為。」

―最後に、光浦さんにとって「ものづくり」とは?

「趣味。心の安定。」

コメントをくださった光浦さん、ありがとうございました!

手芸作家・光浦靖子さんの魅力が詰まった1冊

光浦さんの「理想の暮らし」をテーマにした『靖子の夢』は、作品の素晴らしさはもちろんのこと、その作品を活かしたフォトジェニックな写真や四季を彩るニードルフェルトカレンダーなど、見応えたっぷり。
執筆家としての才能が光るエッセイも多数収録されています。
見て、読んで、感じて楽しむ作品集『靖子の夢』は、ニードルフェルト未経験者さんから上級者さんまで、ものづくりって楽しいな、やってみたいなと思えるそんな1冊です。

光浦靖子さんのニードルフェルトキットも発売中!

『靖子の夢』に出てくる沖縄シリーズがブローチキットになって発売中!
光浦さんのリアルな創作の世界を堪能できるニードルフェルトキットです。

4月26日「JAPAN Handmade of THE YEAR 2018」表彰式をお楽しみに!

「JAPAN Handmade of THE YEAR 2018」を受賞された光浦靖子さん、とよた真帆さん、辻希美さんが『日本ホビーショー』のステージに登場する表彰式は、4月26日 (木) 11:00より、日本ホビーショー会場内のメインステージで行われます。
ものづくりの素晴らしさ、楽しさを会場でリアルに共有できるのはホビーショーならでは!
年に一度のハンドメイドの祭典に、ぜひみなさんも足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

「第42回 2018日本ホビーショー」開催概要

https://hobbyshow.jp/
開催日程:2018年4月26日(木)~28日(土)
開催時間:10:00~18:00 ※28日は17時まで
開催場所:東京国際展示場 (東京ビッグサイト) 東展示棟 東4・5・6・7ホール
入場料:前売1,200円(各プレイガイドで発売中) /当日1,500円
*高校生以下のお子様無料
*障害者手帳をお持ちの方とその介護者各1名無料
*3日間共通券、前売券・当日券共に、同時開催イベントに入場可能
同時開催:
・東4ホール 第11回ホビークッキングフェア2018(26日~28日)
・東7ホール minneのハンドメイドマーケット2018(27日~29日)
※東7ホールは開催期間が異なりますので、ご注意ください
主催:一般社団法人 日本ホビー協会
後援:経済産業省/文部科学省/東京都/日本商工会議所/公益社団法人 日本PTA全国協議会/公益社団法人 インテリア産業協会
協賛:The Association For Creative Industries (AFCI)/一般社団法人 全日本文具協会/公益社団法人 日本家庭園芸普及協会/一般社団法人 日本ドゥ・イット・ユアセルフ協会/日本釦服飾手芸卸協同組合連合会/協同組合全国花材流通協会/一般社団法人 日本縫製機械工業会/公益財団法人 日本手芸普及協会
公式Webサイト:https://hobbyshow.jp/
※ここに掲載されている情報は、発表日時点の内容となります。通知なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。

お問い合わせはこちら

【日本ホビーショー 運営担当室】
TEL:03-5206-5499 (10:00~18:00 土日祝を除く)
E-mail:hobbyshow@hobby.or.jp
公式Webサイト:https://hobbyshow.jp/

編集後記
毎年、日本ホビーショーに行くと様々な人、作品からたくさんのパワーとアイデア、創作意欲をもらえます。今年のハンドメイドの”顔”として選ばれた著名人のみなさんに会える授賞式が今から楽しみです!みなさんもぜひ会場に足を運んでみてくださいね。

この記事を書いた人

うづし夫
札幌出身、千葉在住。夫と柴犬うにと2人+1匹暮らし。
へんてこりんなライター名は先代犬の名前から拝借🐕
手作りが大好きで某大手手芸店に就職し、毎日どっぷりハンドメイドに浸かっていました。
犬との暮らしを望んで在宅ライターに転身、愛犬とPCに弄ばれつつ毎日楽しく暮らしています。
投稿記事:495

関連記事