Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

畳のヘリで作るアクセサリー⁉自分だけのオリジナル作品が作れる「みちくさアートラボ」のワークショップ体験

畳のヘリで作るアクセサリー⁉自分だけのオリジナル作品が作れる「みちくさアートラボ」のワークショップ体験
この記事について
浅草橋といえば問屋街ですが、アクセサリーのビーズやパーツのお店がたくさんあって、ハンドメイド好きにはたまらない町ですよね。そんな浅草橋の駅近くで、ハンドメイドのワークショップが体験できる「みちくさアートラボ」にお邪魔しました。ちょっと不器用なHandful編集部ライターがハンドメイドに初チャレンジ!「畳のヘリでつくるアクセサリー」を体験します。かわいい作品が作れるか……。

机と椅子に注目!懐かしい学校の教室みたいな「みちくさアートラボ」

みちくさアートラボは、浅草橋駅から徒歩2分のカフェを併設したワークショップのお店です。お店に入ると、小学校の時に使っていたような机と椅子に目がいきます。本当に教室みたいでレトロな雰囲気です。

部屋にはさまざまなハンドメイド作品がディスプレイされていて、ハンドメイドの世界が広がります

講座は全て一回完結のワークショップ。UVレジン、デコパージュ、ネクタイリメイク、レザークラフト、シルクフラワーリース、キャンドル、コラージュ、フリンジ、みちくさカフェ料理・・・など迷ってしまうほど講座が豊富です。
月によって新たに開催する講座や季節限定の講座もあります。
今回は、珍しい「畳のヘリでつくるアクセサリー講座」を体験することに。
畳縁(たたみべり)は、最近、ハンドメイドの素材として注目されているそうなので要チェックです!

幅8センチの畳のヘリは1000種類以上もあるのだとか・・・畳というので渋いものを想像していましたが、「これが畳のヘリなの⁉」と感動したくらい。リボンにしか見えなくて、どれも素敵なデザインばかりです。

リボンにみえるこの布は畳縁(たたみべり)

また、普通の布にはないようなハリ感が扱いやすく人気があるとのこと。この1つの畳のヘリで3~4アイテム位作れるというので驚きました。

伝統の和柄をはじめカラフルでポップな色合いやモダンな柄がたくさん!

30分かけてお気に入りの材料選び

まずは材料選びから。「みちくさアートラボ」では、市販のキットを使用せず、ふんだんにある材料から自分で好きなものを選べます。同じ物を作っても、選んだ材料で出来上がりもそれぞれなので、まさに世界に一つのオリジナル品を作ることができます。
材料があまりにも多いのでかなり迷ってしまいますが、材料選びには通常30分位時間をかけるそう。
嬉しいポイントですよね。自分の好きな材料で作ると思うと、ワクワクしてきます!

リボン、ネクタイ、コサージュ、時計のバンドやミニがま口etcが作れます。
出来上がりはこんな感じ

作り方はレジュメをいただけますが、オーナーの椎名さんが最初にお手本を見せてくださいます。
手際良くあっという間にキレイに作品を仕上げた椎名さん。

ほとんどの講座を椎名さんが担当。わかりやすく丁寧に教えてくださいます。

驚くほどあっという間に作ってしまったのに、とてもかわいくて感動です。

椎名さんお手本作品

まずは、グルーガン(接着剤)の使い方から教わります。
グルーガンって何?というほどの初心者です。
グルーガンをマスターしたら、基本のリボンからスタート。
アイテムの中からどれを作りたいかも自分で選べます。
私は、リボン、ネクタイ、バラのアイテムを作ることにしました。グルーガンの使い方に慣れていないと、のりが手について畳縁にものりがついてしまうので気をつけて・・・。
作業途中でも、わからない部分や気をつけるポイントを椎名さんが教えくださいます。
慣れてくると段々楽しくなってきて、基本のリボンが完成!

椎名さんの作品に比べるとちょっと不格好⁉
ネクタイも作りました

難関のバラは、最初に何回か練習します。
「キレイに形を作りすぎるとバラっぽく見えなくなってしまう」と椎名さんからアドバイスをいただき、その通りにやっているつもりが、なぜかきっちり作ってしまう・・・
ほどよく崩して形作るというのが意外と難しいのです。

バラの作り方のコツを教わります。
椎名さんの胸元にもハンドメイド作品がたくさん。
バラは難しいので真剣です。

そして、やっとバラが完成!3アイテムがいい感じに仕上がりました!

右が椎名さん作品。キレイなバラです。
最後にボタンやレースを装飾して完成

写真撮影も楽しめます

作品を作った後は写真撮影。なんと!インスタ撮影用のためにスチレンボードや額縁やお皿まで用意されています。まさにインスタ映え。みちくさアートラボのサイトには写真の撮り方も掲載されていますよ。

スチレンボードや小物でインスタ映えした作品

『畳縁ハンドメイドBOOK』(日本ヴォーグ社)という本も出版されています。
この本にオーナーの椎名さんも作品提供しています。本も見てるだけで楽しくなってきます。

ミニ畳、ものすごくかわいいですね。

そして、材料を売っているお店の地図まで用意されています。至れり尽せりです。
どんなものを買えばいいか?という質問にも答えてくださいます。

浅草橋界隈の材料のお店地図

最終的に、リボンはヘアアクセサリー、ネクタイはネックレス、バラはコサージュに変身しました。
これも選べます。リボンをネックレスに、ネクタイはキーホルダーにもできますよ。椎名さんのお手本とわかりやすい説明で、簡単に楽しく作品が作れました。
自分の好きな材料で、ミシンを使わずにハンドメイドが楽しめる所がとても気に入りました。
好きな材料なので、できあがりも大満足です。
体験講座が終わる頃には、すっかり畳縁のとりこになり畳縁をお買い上げ!
畳縁だけはみちくさアートラボで購入できるそうです。

この記事を書いたライター

みわ あずみ
編集・ライター。東京都葛飾区在住。
不器用だけどハンドメイドにチャレンジしたい!
私のようにハンドメイドは好きだけど、自分には難しい…と
思っているような方にも手づくりの良さを伝えていきたいです。
投稿記事:3