Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【イベント情報☆3/17、18】楽しい科学のワークショップいっぱい!「春のサイエンスフェスティバル」開催【三菱みなとみらい技術館】

【イベント情報☆3/17、18】楽しい科学のワークショップいっぱい!「春のサイエンスフェスティバル」開催【三菱みなとみらい技術館】
この記事について
科学の楽しさを体感できる縁日のようなにぎやかな2日間!三菱みなとみらい技術館にて、2018年3月17日(土)と18日(日)、「春のサイエンスフェスティバル」が開催されます。ワークショップ情報あり!【三菱重工業株式会社】

”11のプログラム”で科学の楽しさを体感!楽しいワークショップに参加しよう!

実験ショーやワークショップなど、多岐にわたる”11のプログラム”で科学の楽しさを体感できる、「春のサイエンスフェスティバル」が、2018年3月17日(土)と18日(日)の2日間、神奈川県横浜市にある「三菱みなとみらい技術館」で開催されます。

「ブラックウォールボックスを作ろう!」「ウニランプを作ろう!」など、お子様も楽しめるワークショップが盛りだくさん!
”科学”を遊びながら楽しく学べて、縁日のようなにぎやかな2日間をお楽しみいただけますよ♪

春の思い出作りに、ファミリーでお出かけしてみてはいかがですか?

「春のサイエンスフェスティバル」イベント概要


三菱みなとみらい技術館【春のサイエンスフェスティバル】
日程:2018年3月17日(土)、3月18日(日)
時間:*各イベントにより異なります。詳細はホームページ等でご確認ください。
会場:三菱みなとみらい技術館 (神奈川県横浜市西区みなとみらい3−3−1 三菱重工横浜ビル)
TEL:045-200-7351
詳細:http://www.mhi.co.jp/museum/topics/2018/03171021.html

イベント&ワークショップ詳細



●「ミニミニストロボライトをつくろう!」
瞬間的な点滅を繰り返すストロボライトは不思議な視覚効果をみることができます。
「子供の科学」電子工作連載でおなじみの伊藤先生と作ってみよう!
講師:伊藤尚未※1

●おかしな深海体験「おしゃべりであふれる深い海」
深くて暗くて冷たい海に潜む生物に光を当てて、どんなおしゃべりをするのか聞いてみよう。
制作:マルチメディアアーティスト 江口拓人

●サイエンスライブショー「みんなで発電 エネルギーDE素敵でSHOW」
災害に遭ったとき、電気をどのように生み出すのでしょう。環境に配慮した発電について、
歌って踊る科学実験ショーと体験を通して学んでみよう!
講師:川村康文※2

●「ベンハムのコマをつくろう!」
18世紀にイギリスで生まれた不思議なコマ「ベンハムのコマ」。
白黒の模様が描いてあるだけなのに、回すとどうなるのでしょうか?
講師:travelling museum 博物倶楽部

●「CD分光器を作って光を見てみよう!」
光を分解して観察する「分光器」をCDと厚紙で作ります。
身近な光を分光器を通して見ると、どう見えるかな?
天文の研究者が星を調べるときにしていることを、君も体験してみよう!
協力:国立天文台、明星大学天文愛好会「すばる」

●「littleBits STAR WARS ”DROID INVENTOR KIT”を操作してミッションをクリアせよ!」
スターウォーズのR2-D2™を操作して、様々なミッションに挑戦してみよう!
協力:株式会社コルグ

●パペット紙芝居「うちゅうはなにからできているの?」
宇宙はいったい何からできているのでしょう?
かわいい人形たちがおしゃべりしながら紙芝居でお答えします。
講師:高エネルギー加速器研究機構(KEK)

●「太陽望遠鏡で太陽を見てみよう!」
国立天文台から太陽観測のための望遠鏡がやってくる!太陽望遠鏡についてのレクチャーもあります!
講師:国立天文台、明星大学天文愛好会「すばる」、京都大学飛騨天文台

●「ブラックウォールボックスをつくろう!」・・・17日のみ開催
箱の中に壁があるのにあら不思議!モノや指が通り抜けます。
さて、どんなタネが隠れているのでしょうか?工作しながら仕組みを学ぼう!
講師:東工大ScienceTechno

●「ウニランプをつくろう!」・・・17日のみ開催
ウニの殻を使ったオリジナルランプ作り。
ウニやビーチコーミング(漂着物拾い)のことも学んで、海辺の自然環境について考えてみよう。
講師:きくた ゆうこ

●「絵が消えるおもちゃをつくろう!」・・・18日のみ開催
江戸時代のかわり屏風の仕組みを使ったおもちゃです。
屏風を開くと描いた絵が消える?
実際に作って遊んでみよう!
講師:伊藤圭史

※1伊藤尚未プロフィール
光、音、動きなどをテーマにした現代美術作品を多く制作・発表している。
現在「子供の科学(誠文堂新光社)」で電子工作の連載を行い、単行本も多数。

※2川村康文プロフィール
東京理科大学理学部第一部物理学科教授、博士(エネルギー科学、京都大学)。
専門は物理教育、サイエンス・コミュニケーション。
NHKEテレ・ベーシックサイエンスの監修および出演。
Eテレテストの花道・ニューベンの理科実験の監修。

イベント&ワークショップタイムスケジュール


※ここに掲載されている情報は、発表日時点の内容となります。通知なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。

【三菱みなとみらい技術館】
所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい3−3−1 三菱重工横浜ビル
開館時間:午前10時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)
休館日:毎週火曜日 特定休館日 年末年始
入館料:大人500円 / 中・高校生300円 / 小学生200円 未就学児、65歳以上の方、障がい者の方とお付添の方は無料(証明書、手帳をご提示ください) 団体(20名以上)は各100円引き 年間パスポートは大人1,000円、中・高校生700円、小学生500円 小・中・高・高専・大学生の校外学習・修学旅行等での来館は無料(要予約)
電話:045-200-7351
FAX:045-200-9902
ウェブサイト:http://www.mhi.co.jp/museum/
facebook:https://www.facebook.com/MMgijutsukan/
Twitter:https://twitter.com/minatomiraigiju
アクセス:みなとみらい線・みなとみらい駅5番けやき通り口より徒歩3分
JR根岸線または横浜市営地下鉄・桜木町駅より徒歩8分