Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

”和のヴィンテージ布”を使った手芸や創作服の実例集「古布に魅せられた暮らし珊瑚色の章」発売

”和のヴィンテージ布”を使った手芸や創作服の実例集「古布に魅せられた暮らし珊瑚色の章」発売
この記事について
パッチワーク、裂織(さきおり)、布絵、刺し子、縮緬(ちりめん)細工、創作服など、古布を生かした創作実例集、「古布に魅せられた暮らし珊瑚色の章」が2018年1月31日(水)に発売されました。【株式会社学研ホールディングス】

あせた色の美しい”古布”の魅力が満載

縮緬(ちりめん)細工やパッチワークなどの作品が掲載されている「古布に魅せられた暮らし珊瑚色の章」の本。
明治、大正~昭和初期の和服地の持つ独特の雰囲気や、あせた色の美しい古布の魅力などが、作家さんの想いと合わせてご紹介されています。

また、「刺し子の歴史」や「あこがれの古典柄」、「現代スタイルの刺し子」、「人気の刺し子」についても掲載。
日本古来の伝統を受け継ぐ布たちを、実例集を含めて堪能できる一冊となっています。

藍染の青と浅葱色の薄水色が爽やかなポシャギ(端ぎれをつなぐ韓国の手芸)


濃淡の美しい”青”にうっとり。
韓国の手芸、”ポシャギ”も素敵ですね。

鮮やかな赤色の縮緬(ちりめん)を基調としたバラモチーフのパッチワーク


”和の古布”と”西洋のバラ”が見事にマッチした作品です。

淡い色合いの江戸縮緬(ちりめん)で作ったねずみの嫁入り人形


ちりめんの布の持つ風合いが”ねずみの嫁入り”の雰囲気にぴったり!

鮮やかな銘仙を組み合わせたころんとした形が特徴的なバック


銘仙(めいせん)は、一般にいう“平織りの絹織物”のことです。
かわいいバックとして普段使いするのも素敵だし、とっても贅沢。

鈴木満子さんによる「こぎん刺し」の刺し方も掲載


刺し子の歴史やあこがれの古典柄、現代スタイルの刺し子まで、人気の刺し子についても特集されています。
人気ショップ「古布 母屋」の『鈴木満子』さんのコレクションや、基本のこぎん刺しのHowToつきで掲載されているのも嬉しいですよね。

今だからこそ美しい”和のヴィンテージ布”で、手芸を楽しんでみてはいかがですか?

商品概要


【学研インテリアムック「古布に魅せられた暮らし 珊瑚色の章」】
定価:本体2,100円+税
発売日:2018年1月31日
判型:AB/112ページ
発売元:(株)学研プラス
学研出版サイト:http://hon.gakken.jp/
※ここに掲載されている情報は、発表日時点の内容となります。通知なく変更となる場合がございますのであらかじめご了承くださいませ。

【ご購入はコチラ】

楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/15266923/
セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1106837901
学研出版サイト https://hon.gakken.jp/book/1861129200