Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【レシピ】紙で作る富士山のランチョンマットと箸袋

【レシピ】紙で作る富士山のランチョンマットと箸袋
この記事について
紙でランチョンマットと箸袋を作ってみました。富士山がお正月らしいでしょう♪

レストランでA3のコピー用紙に絵を描いて使ってらしたランチョンマット♡
絵を描かなくても紙で素敵なランチョンマットをつくる方法はないかしらー?・・・

富士山は出来そう♡和紙をカットした部分に通して作ってみました。


  

材料を揃えます。

<使用材料>
A4のクラフト紙:4枚(セリア)
和紙の折り紙 赤と緑:1枚ずつ(ダイソー)
白い紙:1枚(手持ちのもの)
糊:適量(手持ちのもの)
カッター:1(手持ちのもの )

ランチョンマット2枚、箸袋2枚の材料です。
クラフト紙4枚、赤と緑の和紙1枚づつ、白い紙1枚を準備します。

富士山を作っていきます。

クラフト紙の右下にハの字の形にカッターで切り込みを入れます。
3センチ程度カットしてください。

カットが出来たら和紙を2.5センチ程度の幅にカットしてハの字のカット部分に入れ込みます。

また白い紙は片方をぎざぎざにちぎって上の方に入れ込みます。
バランスの良い位置を決めたら裏の方で少しだけ糊付します。富士山の出来上がりです♪

お揃いの箸袋をつくります。

A4のクラフト紙で箸袋を折ります。右図をよくみて折って下さいね。

折りあがったら富士山の位置を決め、鉛筆で薄くハの字を書きます。

描いたらまた広げてランチョンマットと同じように和紙で富士山を作ります。

箸袋はハの字の一辺を2センチ程度で少し小さく作っています。