Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【新商品】簡単に縫って、洗って、縮めるだけで”立体的なスカートが自分で作れる”スカートテキスタイル「Sibo」発表

【新商品】簡単に縫って、洗って、縮めるだけで”立体的なスカートが自分で作れる”スカートテキスタイル「Sibo」発表
この記事について
日本最大のパーソナルギフトと生活雑貨の国際見本市「第85回東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018LIFE×DESIGN」において、槙田商店が培ってきた服地作りの技術を活かし、自分で立体的なスカートを作る事ができるPreProductスカートテキスタイル「Sibo」が発表されました。【株式会社槙田商店】

富士山の麓、山梨県西桂で培われるクリエイティビティ、槙田商店。


槙田商店は、創業1866年、山梨県の富士の麓・郡内地方で、富士の湧水で染められた糸を使い、江戸時代の「甲斐絹(カイキ)」の羽裏作りで培った技術・経験をベースに、織物づくりをされてきました。
昭和31年からはポリエステルを使用した傘生地、昭和53年に服生地の製造卸をスタート。
さらに生地の製織だけでなく、社内に傘作り工房を備え、国内では他に類のない生地作りから傘作りまで社内で一貫して生産することができるメーカーです。

槙田商店の作る服生地は、郡内織物の特徴でもある先染細番手の糸を使用した、ジャガードテクニックを活かした生地が特徴で、現在パリコレにも参加する大手ドメスティックブランドや、レザーバッグがアイコンでもあるパリのビッグメゾンのメンズアパレルラインにも採用されるなど、国内外でも評価を得ています。

今回、生地を織る際に熱をかけると縮むストレッチ糸を使用し、2ヶ所縫って洗い、乾燥機をかけるだけでスカートになるテキスタイルを提案!
部分的にジャガードテクニックによる意匠を施すことで、洗い乾燥をした後に絞りのような立体的なテクスチャーが生まれ、動きのあるスカートを自分の手で作り上げることができます。

縫い方を工夫する事で、サルエルパンツやボレロなども作ることができ、作る方の創造力で色々なアイテムに変身します。

「東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018LIFE×DESIGN」に出展されました

【東京インターナショナル・ギフト・ショー春2018LIFE×DESIGN】
開催日:平成30年1月31日(水)~2/3日(土)※現在は終了しています
場所:東京ビッグサイト 東ホール(東京都江東区有明3―11―1)
https://www.makita-1866.jp/news/2018/01/lifedesign.html

PreProductスカートテキスタイル「Sibo」詳細


アイテム:Siboスカートテキスタイル6柄各2配色 Siboパラソル6柄各1配色(同時発表)
価格:Siboスカートテキスタイル 9,000円(+税) Siboパラソル 20,000円(+税)
発売予定:スカートテキスタイル・3月 パラソル・4月
(※商品詳細は現時点における予定です。発売時に一部変更になる場合があります。)

問い合わせ先


【株式会社槙田商店】
所在地:山梨県南都留郡西桂町小沼1717
WEB:https://www.makita-1866.jp/