Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【レシピ】木粉ねんどでアクセサリー

【レシピ】木粉ねんどでアクセサリー
この記事について
「木粉ねんど」は文字通り木の粉のねんどなので、形を作りやすくて、乾きやすい、軽いと
とっても手軽なので、アクセサリーにしてもストレスなく使えます。
乾いてニスなど塗るとまるで木のような質感にもなるので、一味違ったアクセサリーにもなりますね♪

見た目はまるでモザイクタイル!?

モザイクタイルでアクセサリーを作ると可愛いのですが、小さくても意外に重くて・・・
そこで、軽いねんどで作ってみよう!!

アクセサリーだけではなくて小さい置物なんかも素敵です♪

<材料>
木粉ねんど:適量
アクリル絵の具:適量
接着剤:適量
アクセサリーキット:一式
マニキュアトップコート:適量
1.準備するもの
・竹串や爪楊枝(穴をあけたり)
・クッキングシート(作業用、乾燥用に敷いて使います)
・アクリル絵の具、筆・マニキュアトップコート(ニスでも可)
・アクセサリー部材(ピアス台座、チェーン、丸カン)・瞬間接着剤
2.好きな形をつくります
木粉ねんどを好きな形にこね固めます。

ひびが入ることがありますが、水を少量つけると伸びてカバーできます。
固くなってきたら少量の水でこねなおすと形成しやすくなります。

3.乾燥
1日以上乾燥させます。

アクセサリー用に丸カンを通す穴を開ける時は、
少し乾燥してから開けると開けやすいです。

4.色付け、つやだし
アクリル絵の具で色付けします。

ねんどの色が茶系なので、最初に白を塗って乾かしてから色づけすると、
はっきりとした色付けができます。

絵の具が完全に乾いたら、トップコート(ニスでも)を塗ります。
今回は二度塗りしました。

5.ピアス部材を付けていきます。
チェーンや丸カンを付けて、ピアスの台座に付けます。

直接付ける場合は接着剤でつけます。
接着剤が完全に乾いたら完成♪
お疲れ様でした。

木粉粘土だけじゃない!ポリマークレイやすけるくんもオススメ♪

粘土は大人だけでなく、子供にも大人気♪
手がぐちゃぐちゃになるまで遊んでしまいます。

木粉粘土だけでなく、紙粘土や石粉粘土、ポリマークレイにすけるくんなど素材もさまざま!
お気に入りの粘土を見つけてくださいね。

編集後記
木粉ねんどは扱いやすく、手にもつきにくいのですが、
穴を開けたり筋をつけたりする時にはねんどの接着剤が伸びるので、
少し固まってから穴あけをするといいです。

色付けする時は水分が多いとねんどの地の色が出てしまいます。
はっきり色付けしたいときは濃いめの絵の具で塗ると良いと思います。