Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【レシピ】石粉粘土の豆皿でアクセサリートレイ

【レシピ】石粉粘土の豆皿でアクセサリートレイ
この記事について
外したアクセサリーの一時保管場所として石粉粘土で作った豆皿はいかがでしょうか?

ニスを塗らずにマットな質感のまま使うのも素敵です♪

レジン用やクッキー用、丸みをつける為にシャトルケースの蓋を使っています。

ほこりよけにはガチャポンのプラケース、ドットの色つけは絵具を!
食べ物は乗せないので、あえてニスを塗らずにマットな質感のまま使うのも素敵です♪

<材料>
石粉ねんど:適量
アクリル絵の具:適量
1.材料を用意します。
粘土やアクリル絵の具などなど。

今回はレジン用の型を使いましたが、
ダイソーのクッキー用の型は便利です!

顔の部分は外せるし、押出し機能?がついています。

2.型に粘土を入れます。
乾くと縮んでヒビが入りやすいので、
よくこねて型に入れて下さい。

ほこりもつきやすいので気をつけて下さい。

3.乾燥させます。
底に丸みをつけたいので、
家にあるものに置いて乾燥させました。

表面が乾いたら取り出してしっかり乾かします。
ほこりよけも必要です。

家にあるもので代用して下さい。ザルなどなど。

4.やすりをかけて色をつけます。
やすりで形を整えて色を塗ります。

今回は白いベースなのでわかりにくいのですが、
指紋などを消したくて白のアクリル絵の具を塗りました。

5.柄を入れます。
ドット柄にしたかったので、
ネイル用のドットを書く道具を使いました。
(先が丸くなっていてドットが書きやすいのです。)

6.乾燥させて完成です。
乾燥したら完成です。

大人気!100均で手に入る白粘土

粘土の質感がレトロでアンティーク調でとっても可愛くてオシャレ♪
手軽に出来る作品の作り方から、ネームタグやオーナメントなどの実用向け、 スタンプやマスキングテープを使った応用編までご紹介します☆

編集後記
型から外すのが難しかったです。
それからカーブをつける為に乾燥するまで放置していたのですが、
空気が当たらずまったく乾きませんでした。

表面が乾いたら出して乾燥させて下さい。

関連記事