Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

【レシピ】リバティ・ふっくらパッチンピン

【レシピ】リバティ・ふっくらパッチンピン
この記事について
リバティ生地のハギレを使って、裏がフェルトの滑り止めになるふっくらパッチンピン♪

レトロな小花柄がポイント!リバティプリントとは?

イギリスにあるリバティ社の生地ブランドです。

さらりとした薄手のコットン生地に、
レトロで多色使いの小花柄をプリントしたものが代表的ですね♡

でも今では、レトロな小花柄を指して「リバティプリント」と呼ばれたりしています♪

<材料>
パッチンピン:1個
リバティーのハギレ:適量
キルト芯:適量
ミシン糸または刺繍糸:適量
1.パッチンピンに合わせて材料をカットします。
ぱっちんピンと同じ大きさにフェルトをカットします。
ハギレとキルト芯は少し大きめにカットします。

2.ハギレを縁を並み縫いして、ギュっと絞ります。
ハギレの縁を並み縫いして、キルト芯とぱっちんピンを挟んで糸引き、ギュっと絞ります。

3.フェルトをぱっちんピンにセットします。
ぱっちんピンに合わせてフェルトに穴を開けて、フェルトをセットします。
穴は小さめに!大きいとキルト芯などが丸見えです。

4.フェルトをまつります。
フェルトをまつります。

カーブの部分は出来るだけ細かく縫います。
ミシン糸を使うと見た目がきれいに仕上がります。

5.完成です。
いろいろな生地、大きさ、形で作ってみて下さい。

編集後記
裏面のフェルトを接着剤で接着してもいいのですが、
カッチカチに硬くなってしまうのとなかなかくっつかないので、
糸でまつった方が綺麗に仕上がります。

関連記事