Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

可愛すぎて溺れちゃう?!キュートで乙女なリボンを作ろう!

ちょっぴりクラシカルなデザイン。

ちょっぴり背伸びしたリボンにするには落ち着いた色味の生地をチョイス。

出典:http://blog.goo.ne.jp

「縫わずに作れるリボンパーツのレシピ」

普段はミシンで作るリボンパーツを簡単に作れる方法をご紹介します!
アクセサリーや小さな雑貨などにアレンジできますよ♪
手芸よりは工作に近くて、両面テープ使用なので手も汚れません!

<材料>
ハギレ:作りたいリボンの2倍の大きさ(手芸品店や100均)
両面テープ:ハギレと同じ長さ
裁縫道具:糸・針 (お手持ちの物)
ボンド:適量(100均)

※両面テープは10〜15mmくらいの間のものがオススメです。こちらでは12mmを使っています。柄布を使う場合は、うまく使いたい部分がリボンに出るように裁断の時注意して下さいね。
1.布の中心に両面テープを貼ります。

作りたい出来上がりサイズの縦横2倍の大きさに布をカットして、真ん中あたりに両面テープを貼り付けます。
2.上下から真ん中に折り合わせて貼ります。

両面テープの剥離紙をはがし、真ん中に折り合わせるように上辺と下辺を貼り付けます。
※真ん中に両面テープが貼ってあります。
3.出来上がり幅の確認しましょう!

両辺を貼り合わせると、これが出来上がりのリボン幅になります。
もし太すぎる場合は剥がして上下をカットするなどして調整して下さい。
4.両端を貼りあわせます。
リボン幅にカットした両面テープを端に貼り、輪になるように貼り合わせます。


5.糸でぐるぐると真ん中を止めます。


剥離紙をはがし、真ん中を貼りあわせ、潰れた8の字のような形にします。
その中心をぎゅっとつまんでリボンの形に整え、針と糸で固定します。糸で真ん中を2〜3回巻くようにします。
6.真ん中を巻くテープを作ります。


作っているリボンの大きさに合わせ両面テープを細く切り、最初の手順と同じように布を巻いて貼り付け、小さなテープを作ります。
7.テープで真ん中を巻いて完成!
糸で止めたところに前手順で作ったテープを巻きつけ、裏で止めます。ここは針と糸でも、ボンドでもOKです。

ヘアゴムにつけるときは、ここでヘアゴムと一緒に巻いてしまうといいですよ♪
お好きなものに付けてアレンジしても良いですね♪
何かに付ける場合はボンドやグルーガンで接着して下さいね。
服など、洗うものには向きませんが、飾りリボンにはピッタリ。
こちらの写真ではへクリップにつけてみました♪


慣れると短時間で完成するので隙間時間に作りためておくといろいろ使えて便利ですよ。
今回はヘアゴムにダブルで付けてアレンジしています。
お好みで色んなアレンジをして、素材を変えたり、ハンドメイドを楽しんでくださいね!

もっと見たい♪動画でリボンのレシピをチェック!


”きゃりーぱみゅぱみゅ風ヘアゴム 簡単 作り方 広島手芸雑貨店「Leche れちぇ」”
すごく簡単にキュートなポンポンを閉じ込めたリボンが完成しちゃいます!


”【HowTo】PinwheelBowピンウィールボウの作り方
アメリカで人気のヘアボウの作り方動画第3弾は、風車という意味の、Pinwheel­Bowです。指に3回巻きつけるだけのとっても簡単なリボンですが、可愛いヘアクリッ­プが完成します。”

編集後記
可愛くてキュンとしちゃう!手作りリボンの作り方やアイデアを紹介しました♪
オリジナルのリボンを付ければお出かけも楽しくなりますね。
是非作ってみてくださいね♪

関連記事