Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

ソックスの穴の基本的な直し方!ダーニングとニードルパンチ

この記事について
ソックスの穴を可愛く修理しましょう!「ダーニングステッチ」で繕う穴かがりの方法と、「ニードルパンチ」による簡単な修理方法の2種類をご紹介します。

  

ダーニングステッチとは?

ダーニングステッチの「ダーニング」は英語で「修繕」という意味です。

衣服を修理するための刺繍をダーニングステッチと言います。穴の開いたニットやデニム、靴下など様々なものを修理できる、ヨーロッパに古くから伝わる手芸です。
日本のこぎん刺し糸を使って、平織で布を織るように糸を通していきます。手芸に慣れていない人でも簡単に始められますよ☆

ダーニングステッチとはどんなものか、分かりやすく説明されている入門動画です。
基本のダーニングステッチのやり方や、必要な用具が説明されていますのでぜひご覧ください。

ダーニングステッチに必要なもの

ダーニングマッシュルーム、毛糸、糸通し、編み物や刺繍用の針、ゴム、はさみ

※針は、太い毛糸には編み物用のとじ針15番、細い毛糸にはクロスステッチ針22番、極細毛糸にはフランス刺繍針7番がおすすめです。

ダーニングマッシュルームという木を使う

〈ダーニングステッチのやり方〉
ダーニングマッシュルームをソックスの中に入れることで、穴の開いている部分の生地が伸びてステッチしやすくなります。
糸の太さと同じくらいの間をあけながら、穴がふさがるまで、まず縦糸を引いていきます。
その後、縦糸を1本ずつ飛ばしながら機織りで布を織っていくように横糸を引いていきます。

薄くなった生地の修繕にも♪補強ができていいですね。

電球をマッシュルームの代用にして修理

ダーニングステッチのやり方動画です。

〈必要なもの〉
修理するソックス、電球(ダーニングマッシュルームの代用に)、しばるヒモ、ふわふわした極細モヘア糸、針

穴が開いたり薄くなったりしたソックスの中に電球を入れて、ヒモで縛ります。
平織をするように、まず縦糸を引いていき、針のおしりを使いながら横糸を通してダーニングステッチをしていきます。

ダーニングエッグという道具もある

ダーニングマッシュルームやダーニングエッグ(代用で電球など)を使って修理できるんですね。

ダーニングステッチでソックス以外に洋服の修理も♪

ダーニングステッチで洋服の修理をしよう!セーターやデニムなどもできるんですね。

洋服のお直しのプロもダーニングステッチで修理

ダーニングは英語で「繕う」という意味。ダーニングステッチは繕うための刺繍なんですね!

ハートなど可愛いモチーフで修理しよう

正方形だけでなく、ハートなどかわいいモチーフのダーニングの方法もあるんですね。

ダーニングステッチは日本のこぎん刺しに似ている!

ちくちく波縫いをするようなランニングステッチでダーニングができるんですね。

大きく開いた穴も修理できちゃう

かかとにぽっかり空いた大穴もダーニングステッチで修理できる!
使う糸はソックスの糸の太さと同じものを選んで。見ていて気持ちいい動画です。
分かりやすくピンクの毛糸で説明されていますが、最後の方に出てくる同じ色の毛糸を使って修理すると見た目もきれいですね。

ダーニングステッチの参考書籍

この記事を書いたライター

snow.flower
おうちにあるものやプチプラ材料でおうちを装飾DIYするのが好きです。執筆することでみなさんと楽しく関わりたいです。

☆★好きな手芸★☆
ガーリーな原宿系やゆめかわ系
キラキラのセレブ系海外DIY
夏の自由研究・おもちゃDIY
日本や世界の伝統手芸
投稿記事:225