Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

つぶつぶ刺繍が可愛い♡フレンチノットステッチで作るブローチやピアス

刺し始めや糸始末、裏側の処理

フレンチノットステッチに挑戦してみよう!と思ったときにまず気になるのは、刺し始めや最後の糸始末。

一般的な刺繍の刺し始めと同じように、玉留めをしても、そのまま糸を出した状態でも大丈夫です。
他のステッチと組み合わせる場合は裏に渡っている糸にくぐらせ、ない場合は刺し終えてから糸の始末をします。

始めの糸の始末

こちらは一般的なクロスステッチの糸始末の仕方ですが、フレンチノットステッチもこの手順で始末します。
裏がごろごろしてしまうのが気になる場合は、玉留めではなくこの方法が良いですね。

ビーズ刺繍と組み合わせても素敵

フレンチノットステッチの中にちょっぴりシードビーズをブレンドしてみて。
刺繍糸のつぶとビーズの粒が奏でる絶妙ハーモニーの完成です♡

グラデーションに引き揃えた刺繍糸のフレンチノットステッチが可愛い♡

3~4色の刺繍糸を1~2本ずつ合わせて、4本取りで2回巻きのフレンチノットステッチをしています。微妙なグラデーションで柔らかな雰囲気が出たかなと思っています。お気に入りのイヤリングです♪

73_marcheさん
中央にちょこんと乗ったシードビーズの使い方もお手本にしたいですね。

竹ビーズをアクセントに

くるみボタンの中にお花が咲いたよう!
竹ビーズとシードビーズのちょい足しがお洒落なabubu22さん、色合わせ、柄合わせも素敵ですね♡

初心者さんにもおすすめ

冒頭でもご紹介した通り、フレンチノットステッチは針目を揃えなくても刺繍が楽しめるステッチなので、初めてチャレンジする方にもおすすめです。

つぶつぶプチプチの手触りが癖になってしまうかも!
ぜひ可愛い作品を作ってみてくださいね。

編集後記
うまく刺繍ができない時は、布を替えてみるのも。地の目が詰まっているシーチングやオックス、ツイルなども刺しやすいですよ♪

この記事を書いた人

うづし夫
札幌出身、千葉在住。夫と柴犬うにと2人+1匹暮らし。
へんてこりんなライター名は先代犬の名前から拝借🐕
手作りが大好きで某大手手芸店に就職し、毎日どっぷりハンドメイドに浸かっていました。
犬との暮らしを望んで在宅ライターに転身、愛犬とPCに弄ばれつつ毎日楽しく暮らしています。
投稿記事:495

関連記事