Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

清原株式会社賞【金賞】『icicle』by iliveupto100様☆商品化のご案内

清原株式会社賞【金賞】『icicle』by iliveupto100様☆商品化のご案内
この記事について
第5回クラフルハンドメイドコンテスト「テーマ:レジン」にて清原株式会社賞【金賞】を受賞いたしましたiliveupto100様の作品『icicle』。2017年秋・冬頃に商品化決定!と詳細未定のままでお知らせが遅くなりましたが、この度、詳細をお知らせできる運びとなりましたので、ご案内させていただいます。また、ご案内と併せて、iliveupto100様と清原株式会社様への受賞から商品化までのインタビューもお届けします。

  

第5回クラフルハンドメイドコンテストとは?

クラフルでは定期的にハンドメイドコンテストを開催しております。
”ちょっとした工夫で毎日が楽しくなる”ハンドメイドの楽しさ・喜びを世界に発信していきたい!という想いから始まったコンテストで、第5回は「テーマ:レジン」で開催。
キラキラ輝く世界をたくさん体験できました。

 

1,000件を超える応募作品の中からiliveupto100様の作品が、清原株式会社賞【金賞】を受賞され、作品の商品化の権利を見事獲得。
また、UVクラフトレジン液500gの大容量タイプも賞品として贈与されました。

第5回クラフルハンドメイドコンテスト結果発表!

 

清原株式会社賞【金賞】作品タイトル『icicle』

第5回クラフルハンドメイドコンテスト_清原株式会社賞金賞

iliveupto100様が受賞された作品はグラデーションがとても綺麗で印象に残っています。
コンテストの開催期間が2017年の2月だったために、同年秋・冬の商品化に向けて動き出しました。

受賞者 iliveupto100様インタビュー

金賞受賞者のiliveupto100様は九州の方。現在大学1年生で、受賞された時はなんと高校3年生!!
遠方のためお電話にてインタビューをさせていただきましたが、とてもしっかりされた方で、何よりハンドメイド愛に溢れる作家さんでした。

作家として普段どのような活動をされていますか?

ものをつくるのが好きで、友達に誕生日のプレゼントとかであげて、喜ばれるのが嬉しくて♪
自分では使わないんです。作っても。
ハンドメイドを始めたのが高校生で、ハンドメイド作家さんってイベントとか出展されてると思うんですが、まだそんなのはできないので。
その時にminneとCreemaを見つけて、今は色々と出品しています。

クラフルハンドメイドコンテストに参加しようと思ったきっかけは?

他の作家さんがインスタで参加しているのを知って、どんなのに参加してるんだろうと思って。
そしたら、いろいろ賞品とかあって、そっちのほうに魅力を感じて(笑)
やるだけやってみて、別になんもなければなんもないでいいやって感じで応募してみたら、まさかの!?

受賞の際の感想、周りの反応などはいかがでしたか?

最初、信じられなくて(笑)
親に言ったら「お〜良かったね〜!」とか、友達は「すごいね〜!」くらいで、自分自身がよくわかってなくて、なんかあんまり伝えきれなくて(笑)
私が受賞したんだ〜っていう感じでしたね。

受賞された作品が完成に至った経緯、なにかヒントなどありましたか?

私は、パーツ屋さんとかに行って見たり買ったりするのがとにかく好きで!
道具をあつめる収集癖があって(笑)
最初はレジンも全部集めて、あるものでやってみようって感じだったので。
今回の作品も、もともと違う方向のやつを作ってたんですけど、グラデーションとか綺麗にできたんで形にしていきました。

で、鹿児島はあまり雪降らないんで、もうほんとイメージで作りました。
秋くらいに作ったんで、売るのを目的として冬に売れそうなものっていうので、最初からminneとかで出品するように作りました。

受賞された作品を作られた際のこだわりポイント、作るのに苦労した点などがありますか?

作ったら、最初に家族にみせるんですね。
見せて「綺麗だね〜」とか言ってもらえるように作ってます。
自分だけの完成でじゃなくて、他の人にも共感してもらえるように作ってます。
最初1個できて、また同じのを作ろうとしても、まったく同じものにはならないんです。


この作品だけには限らないんですけど、他の作品にも共通して言えます。
まあレジンならではなので、難しいのかなと思います。

清原株式会社との商品化打ち合わせはいかがでしたか?

私自身は、どういう風に作ってとか材料はなになにでとかの話をして。
グラデーションを作るのに、レジンに粉を入れるのと、液体で色をつけるのと2種類あるんですね。
できれば液体で色をつけたいって思ってて「それは難しいかも知れないけど頑張ってみます」って私よりも清原さんが頑張ってくれたと思います(笑)

清原さんの商品で、自分の作品と同じようにしないといけないというのが一番難しかったですね。
作った材料自体がほとんど違うので。
あと、清原さんが私のインスタの作品を見てくださって「こんな感じなのがいいですけど」と伺って、同じようなデザインをもう一つ作っています。

普段の作品づくりで心がけていることなどはありますか?

とにかく自分がその作品を気にいることです。
じゃないと人にも喜んでもらえないし、いいなとも思ってもらえないと思うんで。
作品づくりはけっこう集中しちゃうので、4、5時間くらい経っている時もあります(笑)

今後の活動、またはしたいことはありますか?

まだ今のところは、趣味で作って販売してっていうだけです。
就職の時に、ハンドメイド関連の会社に行けたらいいなと思ってますけど、まだそんな深くは考えないですね。

みなさんに何かメッセージをお願いします。

そんな何も言える立場ではないですけど(笑)
私自身ハンドメイドをすることは、現実逃避みたいなところもあるんです。
何も考えないでそのことだけに集中して、ただ楽しい時間を過ごしてるようなもので。

レジン・編み物・羊毛フェルトとか、自分の楽しみでやって続けていられるものであったらいいなと思います。
中でも一番続いたのが、レジンなんで、自分に合っていたのかなって。
色々なハンドメイドのジャンルをやってみて自分が楽しいと感じるものを続けられるのがいいと思います♪