Handful[ハンドフル]|ハンドメイド・手芸・アクセサリー・DIY等のアイデアや作り方情報サイト。

粘土でフェイクポップコーンを作ろう♡

この記事について
フェイクスイーツの流行とともに、バリエーションも増えている今!アメリカンな雰囲気にぴったりなポップコーンを粘土で作ってみましょう♡今回は作り方から、作品例までご紹介します♬

材料と作り方♬

*ハーティーなどの軽量樹脂粘土や軽量紙粘土
*爪楊枝
*アクリル絵の具(黄土色、焦げ茶色)

※本物のポップコーンを見本として用意すると、よりリアルにできるかもしれません♡

ランダムに♬

まずはポップコーンの羽根部分から作っていきます。
写真右のようにランダムに粘土を引きちぎります。ポップコーン1つにつき3枚から4枚使います。
写真左側はポップコーンの本体部分。ポップコーンは1つとして同じ形はないので大きさも変えて作ってみて下さいね♡

羽根をくっつける

ちぎった方を本体にくっつけていきます。乾燥してきている場合は少し接着する部分に水をつけましょう。

付けたら、外側から接着部分を爪楊枝などでくびれを作るようになじませます。
羽根部分の中に少し固い皮の部分を作りましょう。内部分、羽根の外側から中にかけて爪楊枝で寄せていきます。

色づけをします♬

こちらは筆を使用してもいいですが、爪楊枝の背の部分でステンシルのようにトントン着色できます♬


先に羽根の内側部分を全体的に黄土色で着色していきます。色むらがあるほうがよりリアルさが出ますね♡この後、真ん中の少し盛り上げた部分を焦げ茶色でトントンしましょう。
これで乾燥させればプレーンポップコーンの出来上がりです♬


こちらは、着色したレジンを回しかけて固めたもの。蜜がけポップコーンもレジンがあればすぐできちゃいますね♡

存在感抜群のキーチャームに♡

スナック用スコップにポップコーンをちりばめて♡ワンポイントのちびクッキーも可愛いです♡

この記事を書いた人

famifady
千葉県で作家活動もしている2人の娘がいる主婦です♪
いろいろなクラフトに挑戦しています♡
得意な分野は木工、フェイクスイーツ、染色♡
作り方を詳しくお届けします♫
また、千葉県や都内のイベント案内やイベントレポもできたらいいな♡
投稿記事:19

関連記事