【花嫁DIY】和婚を盛り上げる素敵なDIYアイデア♡


 
白桃
view 6618 0 clip
今注目が高まっている和婚に使える「和」を取り入れた花嫁DIYをご紹介いたします☆

憧れの和婚♡

ウェディングドレスもいいけれど、日本人ならでわの白無垢や紋付袴に一度は憧れたことはないでしょうか?
最近では神社での本格的なお式も注目されていて、そうでなくても披露宴のお色直しで和装される方やフォトウェディングで和装のお写真を残しておく方が増えてきています☆

そもそも和婚の定義ってなに?っという方がいらっしゃると思いますが、和婚は日本伝統の文化を取り入れ「和」の要素が入った結婚式を和婚といい、具体的にこうであるという決まりやルールは無いそうです。

そこで今回は和婚で使えるDIY小物のアイデアをご紹介いたします♪

①ウェルカムボード

〈作者様より〉
こだわったのは如何に安く作るかでした(笑)白無垢と袴の上は100均一のフォーマルネクタイを使ったのですが、アイロンで折り目付けただけで針は一切つかっていません。袴の下の方はショップ袋の手持ち部分に使われているリボンをボンドで貼り付けました(笑)

100均のネクタイで作られているとは思えない存在感のある作品です♪
白無垢と袴にフォーマルネクタイを使用されているので光沢があり、高級感も出てでてナイスアイデアです!
アイロンのみで作られているので針仕事が苦手な方にももってこいです☆

②ブーケ

〈作者様より〉
作りながら心がけた点は、一つひとつの花を大きめに作ることです。
こだわった点をもうひとつ挙げるとしたら、フェルト生地の色です。作り始める前から白、赤、黄、緑の4色を使うことは決めていましたが、生地屋さんで微妙に違う色の生地を見比べて4色が和の雰囲気を出せる布をチョイスしました。


【作り方とコツ】
花は短冊状に切ったフェルト布を半分に折って山折りした部分にハサミで切れ込みを入れてその後、根元部分を巻きながらグルーガンで固定して作りました。
大きめに花を作る為に
①花びらの部分の幅を細くしないこと②根元部分を巻く時は緩く巻きながら固定しました

フェルトフラワーを使ったブーケは新感覚です!
まんまるフォルムがとっても可愛く他にはない作品です♪
シンプルなデザインが白無垢に生えてとっても素敵です♡

〈作者様より〉
地元で一緒にお祭りをしている素敵なお姉様(つまみ細工の師匠)から教わったつまみ細工でボールブーケを作りました
こだわったポイントは白、赤、緑ベースに柄物の生地もいれながら作ったところです!
母にも縫い方を教えて何日もかけて一緒に作ったものなのでとても思い入れのあるものになりました

無地と柄をミックスすることで立体感が出て目を引く作品になっています♪
お母様と作られたブーケは作っている時間もお二人の素敵な思い出になりますね♡
大切な方と作られた作品は世界で一つの宝物になること間違いなし!

③折り鶴シャワー

〈作者様より〉
結婚式は神前式と決めていました。そして、折り鶴シャワーをするのが憧れだったんですが、屋外での折り鶴シャワーは出来ないということで、披露宴退場の際にすることになりました。披露宴中も折り鶴があったら華やかかな?と思い、席札と合体させることにしました
あと…枡には消しゴムはんこで作った「寿」を押して、席札には水引で作った梅結びを貼りました❗️

フラワーシャワーならぬ折り鶴シャワーは初耳でした!折り鶴なら彼と一緒に準備ができそうですね♪
寿と鶴があしらわれていて枡は、お手製の消しゴムハンコを使った他には無いデザインです☆
席札につけた梅結びの水引もとっても可愛いです♡

④リングピロー

白とゴールドで統一されたリングピローは洗礼された美しさです☆
新郎新婦をイメージされたお花は一つの花びらが赤になっていて赤い糸を連想させますね♪

〈作者様より〉
私すっごく不器用なので、表面だけは粗さが出ないようにだけ気をつけていました
あと、二つの枡を使ったので取れて離れてしまわないようしっかりくっつけました。
また、飾りに使っている造花は出来るだけ和の花にしようとしたくらいです。
枡は色々探し回っていたのですが、なかなか気にいるものがなく、披露宴会場で枡が販売されているのを見つけてそちらにしました。

桝を使ったリングピローは和婚ならではのお手本にしたい作品です☆
披露宴を行った場所の枡を使用することで記念にも残りますね!
とことん自分の好みを追求できるのがハンドメイドの魅力です♪

⑤お祝儀袋アート

〈作者様より〉
並べて、バランスを見てくっつけるだけです。
こだわりと言えるかは分かりませんが、背景は御祝儀袋を切って暖色〜寒色になるようにグラデーションっぽくしたところです。

頂いた御祝儀袋と水引を使ったリメイクがセンスの光る作品!
御祝儀袋もゲストの方が思いを込めて贈られた物なので大切に飾られていることが素敵です♡
式が終わった後も見るたびにその日のことが蘇りそうですね♪

いかがでしたでしょうか?
そうでなくても時間がない花嫁さんですが、手間も時間もかかる分とっても思い出の残る作品作りができるはずです☆
是非花嫁DIYで素敵な結婚式をお迎えください♪

この記事に関連づけられたタグ: