【保存版】いまさら聞けない!!グルーガンの使い方【必見★】


 
Onizuka
view 11899 3 clip
今やハンドメイドには欠かせない道具となった「グルーガン」。100均でも売られていて気軽に手に入り、接着だけでなく色々使い道があってとっても便利!!これがあれば簡単に色々作れる!でも・・・使い方これで合ってるのかな?なんだかいつも上手くいかないの、私だけ??今更聞けないグルーガンの正しい使い方をまとめてみました。

念願のグルーガンデビュー!でも・・・思ってたのと違う・・・

ハンドメイドには欠かせない道具となった「グルーガン」。
小学生の工作から、本格的な作家さんまで誰もが簡単に使えてとっても便利な道具です。
実は私も先日ようやく100均でグルーガンをゲット!
グルーガンがあれば、あんなものや、こんなものが作れる!と期待に胸をふくらませ、早速使ってみたのですが・・・

なにかくっつけるものを・・・と子供が割ってしまったおもちゃをくっつけてみることに。
しかしご覧の有様。
使い慣れていないとはいえ、これはひどいです。
思ったようにグルーが出てこず、何度もトリガーを引いていたら今度はどばっと大量に出てくるし、糸はひくしでてんやわんや・・・

グルーガンの正しい使い方

もう一度、落ち着いてグルーガンを使ってみましょう。
まず、グルーが思ったように出て来なかったのは本体が十分あたたまっていなかったようです。
早く使ってみたいという気持ちが早まってちょっと急ぎすぎましたね。
コンセントを差して5分程、しっかり本体があたたまってからトリガーを引くときちんとグルーが出て来ました。

グルーが垂れてきてしまいそうな気がしてグルーガンの先を上げて使用してしまいがちですが、これもNGなようです。
溶けたグルーの逆流を防ぐためにグルーガンは先を下に向けて使い、作業中、一旦テーブルなどに置く際も先を下向きに置いた方がいいそうですよ。
スタンドも先が下にくるように設計されていますね。

下記のサイトでもグルーガンの使い方を詳しく説明して下さっています。
初心者の方は一度目を通しておかれると安心かもしれませんね。

グルーの糸引きはどうすればいいの?

なんとか基本は押さえました。
でもグルーを出した後に必ず糸を引いてしまい、伸びてあらぬところへくっついてしまいます。
どうすればいいのでしょうか?

こちらの動画がとても参考になりました。
クルクルと巻き付けてしまえば良いのですね!

グルーガンを使ってみよう!

今度こそ、上手にグルーガンが使える気がします!
早速、何か作ってみましょう。

このくるみボタンに磁石をグルーガンでくっつけて、冷蔵庫などにペタッとくっつけて使うマグネットを作ってみようと思います。

先程の動画を参考にさせて頂いて、グルーを出した後くるくるっとグルーの固まりへ巻き付けると・・・
糸が引かない!!素晴らしいです!
伸びたグルーがあちこちに付かず真ん中にきちんとまとまりました。

グルーが固まらないうちにボタンにぐっと押し付けます。
くるみボタンは予め裏面の足の部分を取って平らにしておきました。

グルーが固まるまでしばらく置いて、かわいいくるみボタンマグネットの完成です!
冷蔵庫にくっつけてみましたが磁石とくるみボタンがしっかりくっついているので安心して使えそうです。

グルーガンの使用後はしっかり本体を冷ましてからしまいましょう。

グルーガンで広がるハンドメイドの世界!

グルーガンはくっつけるだけの道具ではありません。
みなさん色んなアイデアで様々なものを作っていらっしゃいます。

こちらの方はグルーガンでバスケットを制作。
立体のものも出来てしまうんですね〜!

こんなにかわいいネームプレートも出来てしまいます!
食品用の型を使うなどアイデアも満載で参考になりますね♪
こちらの動画ではグルーが剥がれやすいとのことでクッキングシートを使用されているそうです。

グルーガンを使う時には思わぬところでグルーが垂れてしまうことがありますのでクッキングシートや汚れても良い紙などを敷いて作業を進めると安心ですね。

グルーガンは正しく使えばとっても簡単に色々作れてしまう素晴らしい道具です。グルーガンがあればハンドメイドの世界がぐんと広がりそうですね!

この記事に関連づけられたタグ: